Alibaba(阿里巴巴)、ライブエンターテイメント事業部門を設立

by TechNode TechNode on 2017.10.2

今年3月、Alibaba(阿里巴巴)に買収された Damai(大麦)
Image credit: Damai(大麦)

Tencent(騰訊)と同様に、Alibaba(阿里巴巴)も中国のレジャー業界を握ろうと狙っている。

9月19日、Alibabaのデジタルメディア・エンターテイメントグループ(阿里巴巴文化娯楽集団)はライブエンターテイメントビジネスグループ(阿里文娯現場娯楽事業群)を立ち上げ、チケット販売やコンテンツ制作、そしてライブ体験事業に参入することを発表した。Damai(大麦)、MaiLive、Maizuo(売座)が3事業のそれぞれを受け持つ。Damai は中国最大のイベントチケットプラットフォームの1つで今年3月にAlibaba が完全買収した。MaiLive と Maizuo はコンテンツパートナーの支援業務を行い、Alibaba のデータ能力をオフライン番組に活用する予定。

ライブショービジネスは Alibaba が築こうとしているエンターテイメント帝国に欠かせない事業であり、同社がeコマース企業という枠を超えてさらなる成長を目指すためにも鍵となる。この動きは2014年頃の一連の買収から始まっており、買収企業にはモバイルブラウザの UCWeb(優視)ミュージックストリーミングプラットフォームの Xiami(虾米)ビデオストリーミングポータルの Youku Tudou(優酷-土豆)と Daimai などがある。香港株式市場に上場している同社の映画関連企業 Alibaba Pictures(阿里巴巴影業)は、スティーブン・スピルバーグ氏率いるハリウッドのコンテンツ企業 Amblin Partners と戦略提携している

Alibaba のデジタルメディア・エンターテイメントグループ会長兼 CEO の Yu Yongfu(俞永福)氏は、次のように話している

簡単に言うと、当社のミッションは Alibaba でショッピングをお楽しみ頂いている方々に、本当にAlibabaに住んでいるかのごとくあらゆる体験を提供することです。

ですので、ショッピングに加えて、ビデオや音楽の視聴、また情報のチェックについてももっと当社サービスと時間を過ごしてもらったり、ゲームも当社で楽しんで頂きたいと考えています。

Tencent はユビキタスソーシャルメッセージアプリ WeChat(微博)で広く知られているが、同様にエンターテイメント分野にも旺盛な意欲を見せている。同社は世界的に有数なゲーム企業に成長し、傘下の音楽関連会社は中国のオンラインミュージックストリーミング市場の75%以上のシェアを持つとしている。Alibaba がライブショービジネスグループを発表する前日に、Tencent は43本に及ぶ映画やテレビプロジェクトのロードマップを発表した。中国インターネットの2大巨頭によるエンターテイメント分野での競争は、デジタル決済での戦いと同様に再び熾烈なものになるだろう。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------