予実管理SaaS「DIGGLE」を開発・提供するタシナレッジ、アレン・マイナー氏と早大ビジネススクール教授の清水信匡氏をアドバイザーに招聘

by THE BRIDGE編集部 THE BRIDGE編集部 on 2017.10.13

左から:タシナレッジのアドバイザーに就任した、サンブリッジ代表のアレン・マイナー氏、早稲田大学大学院経営管理研究科教授の清水信匡氏

予算管理業務を効率化するクラウドサービス「DIGGLE」を運営するタシナレッジは13日、サンブリッジの創業者で代表取締役のアレン・マイナー氏と、早稲田大学大学院経営管理研究科教授の清水信匡(しみず・のぶまさ)氏がタシナレッジのアドバイザーに就任したことを明らかにした。

マイナー氏は、日本オラクル初代代表を務め、サンブリッジの代表取締役として、セールスフォース・ドットコムなど海外 SaaS の日本におけるジョイントベンチャーの設立にも携わった。

清水氏は、これまでに、日本原価計算研究学会理事・常任理事、日本管理会計学会理事・常務理事等を歴任。管理会計とコストマネジメントを専門とし、共著書の「原価企画研究の課題」は、1997年度日本原価計算研究学会賞を受賞している。

タシナレッジでは、マイナー氏からはクラウドサービス事業立ち上げの豊富な経験とサブスクリプション会計の見識を、清水氏からは管理会計における予算実績管理の学術的知見によるアドバイスを受け、DIGGLE の機能強化を目指すとしている。

タシナレッジは今年5月、500 Startups Japan、Draper Nexus、サンブリッジコーポレーション、AS-accelerator から5,500万円を調達。7月には、予実管理 SaaS「DIGGLE」の正式版をローンチしている。

アレン・マイナー氏と握手する、タシナレッジ CEO の山本清貴氏
Image credit: Taci Knowledge

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------