自動貯金アプリの「finbee(フィンビー)」、千葉銀行・第四銀行・中国銀行・伊予銀行・東邦銀行・北洋銀行の口座と連携へ

by THE BRIDGE編集部 THE BRIDGE編集部 on 2017.10.12

自動貯金アプリ「finbee(フィンビー)」を運営するネストエッグは12日、「TSUBASA 金融システム高度化アライアンス」に加盟する千葉銀行、第四銀行、中国銀行、伊予銀行、東邦銀行、北洋銀行の6行と、更新系 API を活用した口座連携を開始すると発表した。接続は順次2018年から開始予定。既に利用可能な住信 SBI ネット銀行とあわせ、finbee が連携できる銀行は7行となる。

finbee は、ユーザが自分の銀行口座と連携し、さまざまな貯金ルールを設定することで、自動的に貯金することができるアプリだ。「つみたて貯金」「おつり貯金」のほか、スマートフォンの GPS と連動して特定の場所を訪れた際に貯金される「チェックイン貯金」や移動距離に応じて貯金される「歩数貯金」、クレジットカードの上限利用予定額と実際支払額の差額を自動貯金できる「空き枠貯金」、家族や友人と一緒に貯金できる「シェア貯金」など、さまざまな貯金機能を提供している。今年2月には、finbee を用いて貯金した金額の0.1%が還元される「finbee ポイント」のサービスを開始、1ポイント=1円で Amazon ギフト券と交換できるようになった。

TSUBASA 金融システム高度化アライアンスは、千葉銀行・第四銀行・中国銀行が2015年に発足させた組織で、地銀の基幹システムを共同開発・運用することで業務効率化とコスト削減を狙っている。2016年には伊予銀行・東邦銀行・北洋銀行が加盟、6行と日本 IBM の共同出資により T&I イノベーションセンターを設立した。T&I イノベーションセンターは、「TSUBASA アライアンス FINOVATION CHALLENGE」というフィンテックをテーマとするビジネスコンテストも開催している。TSUBASA 金融システム高度化アライアンスに似た組織としては、他に、じゅうだん会 FinTech 研究会、三菱東京 UFJ 銀行が主導する地銀共同化システム「Chance」に付随した FinTech Lab などがある。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------