韓国発の翻訳テクノロジースタートアップFlitto、コロプラネクストから資金調達——インバウンド需要増に対応し、日本市場へ本格進出

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2017.10.10

左から:コロプラネクスト 代表取締役 山上慎太郎氏、Flitto CEO の Simon Lee(韓国名:イ・ジョンス=이정수)氏

【11日15時更新】Flitto の過去の調達金額について、Crunchbase に公開されている情報などを参考に記したが、これらに誤りがあるようで、Flitto から得られた情報に訂正した。

韓国発のスタートアップで、クラウドソーシングや人工知能を用いた自然言語処理による翻訳サービスを提供する Flitto(플리토) は9月18日、コロプラネクストから資金調達したことを明らかにした。調達ラウンドや調達金額は開示されていない。同社はこれまでに、Stonebridge Capital などから、創業時の2012年に8億ウォン(約7,900万円)、2015年5億ウォン(約4,900万円)、2016年に10億ウォン(約9,800万円)を調達している。シードラウンドで 2012年と2013年に8億ウォン(約7,900万円)、シリーズ A ラウンドで2015年に35億ウォン(約3.5億円)、シリーズ B ラウンドで2016年に90億ウォン(約8.9億円)を調達している。

2012年にローンチした Flitto は、ユーザがネイティブスピーカーから翻訳をキュレーションすることができるサービスだ。従来の機械翻訳とは異なるアプローチをとり、翻訳希望者と翻訳者(ネイティブスピーカー)をつなぐことで、莫大な量の翻訳パターンを蓄積。それらをもとに、人工知能や巨大な翻訳データベースを使って手早い翻訳を提供している。

最近では、これまでに蓄積した言語データ(コーパス)を Baidu に販売し Baidu Translate(百度翻訳)の機能向上に活用、また、Baidu との協業でマイクロソフトや NTT ドコモ などにもデータを販売している。Flitto は THE BRIDGE の取材に対し、今回のコロプラネクストからの調達とあわせ、日本オフィスを開設することも明らかにした。Flitto CEO の Simon Lee(韓国名:イ・ジョンス=이정수)氏は「B2B から C2C まで日本市場への進出を積極的に展開していく予定」と語っている。

<関連記事>

Flitto はサービス開始から5年目を迎え、新たな機能追加も発表。アプリ上からの音声入力により、翻訳結果をリアルタイムで表示。方言、新語、詩文など人工知能が翻訳できない場合は、クラウド翻訳者にそのリクエストが伝えられ、人による翻訳結果を受け取れるようになった。この新機能は、9月14日にアップデートされた Android アプリおよび iOS アプリで利用可能だ。

コロプラネクストは、かねてより言語障壁を克服するテクノロジーを開発するスタートアップへの投資に積極的で、これまでにバーコード読取で商品情報を多言語表示する「Payke(ペイク)」や、人工知能による最適化で外国人に求人情報を提供する「JapanWork」に出資している。

<参考記事>

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------