スタートアップ向け資金調達プラットフォームの「CapBridge」、シンガポール証取とTim Draper氏らから290万米ドルを資金調達

by e27 e27 on 2017.10.30

corporate-venture-capital.jpg

グロースステージにある企業向けのオンライン資金調達プラットフォーム CapBridge は本日(10月17日)、著名な VC 投資家の Tim Draper 氏を含むアーリーステージ向けのベテラン投資家から400万シンガポールドル(290万米ドル)を調達したと発表した。

シンガポール証券取引所(SGX)も子会社の Asian Gateway Investments を通じて10%の株式取得と引き換えにこの投資に参加した。

この資金は、企業や投資家が新たな事業を開始して関わり合い、互いにコンテンツを交換する際に CapBridge プラットフォーム上で使えるさまざまな機能の構築に活用される予定。

同社 CEO の Johnson Chen 氏は次のように述べている。

CapBridge は、ミドルからレイトのグロースステージにある企業向けの革新的な資本調達プラットフォームとして着実に実績を上げてきました。今回の投資、そして SGX との戦略的提携により、グロース企業と潜在的な投資家を結ぶプロセスを効率化、均一化する方向に向けて、現在の取り組みを強化していけるでしょう。

CapBridge は、SGX との提携により2015年に設立された。同社の顧客企業は、グロース資金の調達に向けて経験豊富な投資家とつながり、戦略的な資金調達キャンペーンを管理することができる。適格機関投資家も、オンラインのインターフェースを通じてミドルからレイトステージにある企業のグロース資金の投資に参加することが可能。

プラットフォーム上で共同出資をする投資家や超多額の資本価値に投資する投資家にとっては、カスタマイズ化されたコンテンツシェアリングサービスにより、資本投資プロセスの効率性の向上を目指してリード投資家とつながる機会が得られる。

今年初めに CapBridge は Gordian Capital と提携し、グロースステージの企業向けに「プレ IPO ファンド」をローンチした

SGX のシニア VP で中小企業向け資本市場開発および株式資本市場(Capital Market Development and Equity Capital Market(SME))部門を率いる Mohamed Nasser Ismail 氏は次のように述べている。

CapBridge はグロース企業が直面している資金調達の課題に対応しており、ここシンガポールの資本市場に活力を与えています。SGX では CapBridge の経験を活用しつつ、シンガポールで完全に統合されたプライベート市場の開発に向けて同社のプラットフォームを共に構築する可能性を探っていきたいと思っています。

【via e27】 @E27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------