AIでニュースを収集・配信するSpectee、VC複数社や成毛眞氏らから2.6億円を調達——海外での動画素材販売を伸ばすべく、現地体制を強化へ

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2017.10.4

Spectee
Image credit: Spectee

人工知能を活用したソーシャルメディア分析により、ニュースに関するテキストや写真をいち早く伝えるプラットフォームを提供する Spectee は4日、シリーズ B ラウンドで総額2億6,000万円を調達したことを明らかにした。このラウンドのリードインベスターは YJ キャピタルが務め、共同通信イメージズ、みずほキャピタル、アルコパートナーズ、フジサンケイグループ傘下の広告代理店であるクオラス、マイクロソフトの元代表取締役社長である成毛眞氏、氏名非開示の個人投資家が参加した。今回のラウンドは Spectee にとって、2016年7月に実施したシリーズ A ラウンド(調達額非開示)に続くものだ。

Spectee は2014年2月に設立(設立時の社名は、ユークリッドラボ)され、2015年10月に Open Network Lab のインキュベーション・プログラム第11期から輩出。アメリカの Banjo に似たモデルで、ソーシャルメディアから収集した動画コンテンツを権利クリアし、マスコミや企業などにニュース素材として配信する「Spectee(以前の名前は、Newsdeck)」を提供している。Spectee のコンテンツ収集にあたって、画像や動画解析に用いている人工知能技術については、Spectee が特許を取得している。

<関連記事>

Spectee のスクリーンショット
Image credit: Spectee

現在、Spectee が動画コンテンツを配信する国内企業は、テレビ局86社や新聞社4社など100社程度。首都圏で言えば、日本テレビ、テレビ朝日、TBS、フジテレビ、読売新聞などが Spectee を利用している。一部公共放送とも共同で取り組んでいる事業があるようだが、内容については開示できないとのことだった。国内では、ソーシャルメディアを元にしたニュース配信サービスとして、契約社ベースで92%のシェア(Spectee 調べによる)としている。

一方、海外では今年6月に AP 通信との提携で始めた「AP Video Hub」を通じた素材動画配信が順調な伸びを示しており、Spectee はこのサービスの売上強化に注力したいようだ。AP 通信との提携が契機となり、Spectee はニューヨーク・タイムズとも素材動画配信の契約を締結している。Spectee の創業者で代表取締役の村上建治郎氏によれば、国内のマスコミやニュース会社から安定的な収入を確保しつつ、海外でのニュース素材販売で売上の伸びを確保したい考えだ。

東京・ベルリン・ロサンゼルスの3拠点による三交代制24時間運用で、ニュース素材の配信管理とソーシャルメディアの投稿者との許諾確認作業を行っているが、動画の編集や配信のオペレーションは東京で集中管理しているのが現状。「AP Video Hub」を通じた動画配信では他のプロバイダとの競争が激しく、より鮮度の高い状態で動画素材を提供できるようにするため、海外の現地オペレーションのウェイトを増やしたい。そのために、現地人材の確保に注力したい。(村上氏)

AP Video Hub
Image credit: AP

現在、Spectee が動画素材を販売できている海外市場は、上位からアメリカ、イギリス、タイ、ブラジルなど33カ国(AP Video Hub 上での動画販売数による)。Spectee の海外向け動画配信販売は現状 AP Video Hub に依存しているが、AP 通信との契約は exclusive ではないため、将来的には Spectee が自前で海外メディア会社向けの動画素材の販売ポータルを作る計画もあるようだ。

ここからのさらなるグローバル展開に期待したい。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------