Walmart、ニューヨーク拠点の配送スタートアップParcelを買収——Amazonとの競争がさらに過熱

by Paul Sawers Paul Sawers on 2017.10.13

parcel-van2
Parcel

Walmart が、ブルックリンを拠点とする配送スタートアップの Parcel買収した。小売大手の Walmart によるテック系スタートアップの買収は、この14か月で6件目となる(*注)。

取引条件は公表されていないが、買収手続きは9月29日に完了した。

2013年に設立された Parcel は、e コマース企業が注文された商品を宅配するサービスをサポートするよう設計された「ラストマイル」配送プラットフォーム。荷物の配達は24時間体制、予め決められた2時間単位で、注文翌日もしくは当日に行われる。

parcel-jessekaplan2
Parcel の設立者 Jesse Kaplan 氏と Parcel バン

ここ数年、オンライン・オフラインの小売店による競争は興味深い進展を見せている。Amazon は食品や日用品といった家庭用品へ進出した後、オーガニックスーパーマーケットチェーンの Whole Foods を137億米ドルで買収すると発表して、Walmart など従来型小売店との競争に挑むこととなった。

Walmart の方も、e コマースでの信頼性を強める動きを進めているが、ここでも買収が戦略の中核にある。同社は昨年8月、オンライン小売の Jet.com を30億米ドルで現金にて買収すると認めたのを皮切りに、オンラインアパレル小売の Shoebuy を7,000万米ドル、アウトドア小売の Moosejaw を5,100万米ドル、女性向けオンラインファッション小売の ModCloth を金額非公表で、さらには男性用アパレルブランドの Bonobos を3億1,000万米ドルで買収している。

Parcel がニューヨークで設立されたのは2014年だが、それ以降、他の地域へは進出していない。シードラウンドで200万米ドルを調達したにすぎないスタートアップのため、Walmart が Parcel に多額の資金を投じたとは考えにくい。実際、同社のコメントによると、買収金額は「今年実施した案件よりも少額」なもので、最大でも5,000万米ドル、実際はもっと少ないと思われる。

Walmart が Parcel を買収して手にしたものに関しては、Walmart と Jet から提供される「生鮮・冷凍食品」から「雑貨」に至るまでを対象に、ニューヨークでラストマイル配送を行うために Parcel のプラットフォームを活用することを同社が計画していることからすれば、特に驚く話ではないだろう。

しかしながら、Walmart はどうやら Parcel の既存顧客へのサービスも引き続き提供していきたいようだ。Walmart は次のようにブログに投稿している

Parcel は、複数の食材事業者、食料品店、e コマース企業と提携しており、この2年間で100万回以上も食事を配達してきました。そのため当面は、Parcel が既存顧客にサービスを引き続き提供し、顧客ベースを拡大してもらう計画です。

(注*)以前の投稿で Walmart は過去14か月に Parcel を含む5件の買収を実施と記載していたが、実際には Parcel は6件目だった。今回の更新では、同社が3月に実施した ModCloth の買収実績を追加している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------