韓国発美容系eコマースのAlthea、世界展開に向け700万米ドルを調達しシリーズBラウンドをクローズ

by Tech in Asia Tech in Asia on 2017.11.7

Althea_founders
Althea 共同設立者
Photo credit: Althea

オンラインで美容製品を販売する Althea がシリーズ B ラウンドで700万米ドルを調達した。投資をしたのは、FirstFloor Capital、Korea Development Bank、Bridges Alliance Partners、Innoven Capital、Tekton Ventures だった。

韓国を拠点とする同社は、今回獲得した資金をプライベートブランド製品の拡充や世界展開に活用するとコメントしている。

Althea は音楽からテレビ番組、さらには料理や化粧品など、世界で高まる韓国文化の人気をうまく活用して「ケイウェーブ(K-wave)」の波に乗っている。

共同設立者兼 CEO の Frank Kang 氏は、外国で友人たちから、韓国に帰国したら化粧品を持ち帰ってきてくれないかと何度も依頼されたことで、韓国の美容製品に特化したオンラインストアのアイデアを思い付いた。

Althea のビジネスモデルは、販売計画と注文処理を韓国で集中的に行う一方、顧客対面業務はサービスを提供している現地で行うというものだ。このサイトは現在、アジア太平洋や米国など世界250か国以上に製品を発送している。

2015年の設立以降、同社は第三者向けのオンライン小売店から、自社ブランド製品の開発・マーケティングまで多角化を進めてきた。

Kang 氏は会社声明の中で次のように述べた。

これまでに収集した膨大な量のデータに基づいて、(中略)当社は各市場の顧客特有のニーズを把握できるほか、オンラインプラットフォームを通してほとんど即座にフィードバックも入手でき、しかもその情報をもとに1~2か月以内で製品化ができます。当社は、既存ブランドとは比べ物にならないほど顧客ベースの中に深い知見を有しています。

年末までには、同社が監修する初の製品ラインナップをリリースする予定だ。

Althea は昨年5月にシリーズ A ラウンドで350万米ドルを調達したが、そこでは Mirae Asset Ventures、Posco Ventures、Tekton Ventures、 Cherubic Ventures、500 Startups が投資した。これ以前の2015年10月にはシードラウンドで金額は非公表ながら 500 Startups が投資をしている。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------