ビズリーチが事業承継M&A「ビズリーチ・サクシード」発表、中小企業の後継者問題解決を目指す

by THE BRIDGE編集部 THE BRIDGE編集部 on 2017.11.28

トップページ キャプチャ

人材領域事業を手がけるビズリーチは11月28日、中小企業の後継者問題をオンラインで解決するマッチングプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード(以下、サクシード)」を公開した。サクシードは譲渡を考えている企業が登録した案件情報を、買収側となる企業が検索・閲覧できるマッチングサービス。譲渡を希望するM&A仲介業や金融機関が代理として案件情報を登録することもできる。

情報の登録にかかる費用は無料で、譲渡企業にかかる費用は案件成約時(事業譲受)にも発生せず、譲受先企業が案件紹介料として譲受金額の1.5%、もしくは最低金額として100万円のいずれかをビズリーチに支払う。買収側が希望する企業をサービスで見つけた後は、プラットフォームを通じて直接候補先とコンタクトを取る仕組み。

.png

サクシードでは譲渡企業の登録を最大化させるため、全国で事業承継の仲介や支援業を手がけるアドバイザリー企業や中小企業支援センターなどと連携する予定で、三井住友銀行とも協力体制をつくる。2017年9月から実施しているテスト版では事業承継を希望する企業の登録数が500件を超えている。

同社のリリースによると、日本の中小企業経営者は2025年に6割となる約245万人が引退時期を迎え、その半数が後継者問題を抱えているという。同社では親族や従業員への承継が困難な場合、外部人材の採用を解決策として提案してきたが、さらに踏み込んだ他の企業への売却を今回のサービスで提供したいと考えている。

Source:ビズリーチ

 

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------