都内21地域の厳選バーで最初の1杯が無料になる「HIDEOUT CLUB」、プレシードとシードで3,000万円を調達——DGI、フューチャーVCらから

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2017.11.10

Image credit: Hideout Club

<10日11時更新> THE BRIDGE 読者がプレミアム会員登録時に、紹介コード「br2017」を入力すると、登録から1ヶ月間は無料で利用可能となっている(2017年11月30日までのプレミアム登録に有効)。

バーフリークのためのモバイルアプリ「HIDEOUT CLUB」を提供するハイドアウトクラブは10日、直近のラウンドで資金調達を完了したことを明らかにした。2015年末に実施したプレシードラウンドで個人投資家(名前非開示)から、また、2017年8月末に実施したシードラウンドで DG インキュベーション、フューチャーベンチャーキャピタル(東証:8462)、第一勧業信用組合、前出のプレシードラウンドに参加した個人投資家が出資。プレシードラウンドとシードラウンドをあわせた調達金額は合計3,000万円。

HIDEOUT CLUB は2016年2月、楽天出身の田口雄介氏、川崎文洋氏らウイスキー好きの2人の創業者の手によって、ウイスキー好きの人向けのコミュニティアプリとして誕生。その後、Open Network Lab の第15期に参加し、バーフリークのための O2O アプリ/バーのための CRM ツールとしてピボット、新規集客したいバーと、新しいバーを開拓したいユーザの間のギャップを埋めるサービスを提供している。

Image credit: Hideout Club

現在のユーザ数は12,000人ほど。ユーザは月額1,500円の定額を支払うことで、アプリに表示される渋谷・新宿・銀座などのバー80店舗の中から1日につき最初の1杯を無料で提供してもらうことができる。バーは新規来店したユーザが顧客台帳に登録されることでリターゲティングが可能になり、お酒を選んで提供可能な商品を選択登録することで、ユーザの検索に自店舗が表示されるようになる。

この分野のプレーヤーとしては HIDEOUT CLUB は最初の存在ではなく、アメリカではニューヨークを拠点に10エリアでサービスを提供する Hooch がいるし、日本では先月、Foobe というサービスがβ版でローンチしている。これらのサービスとの差別化要素として、田口氏は、HIDEOUT CLUB ではスタッフ自らが店を訪問し、オーナーと直接交渉し厳選して店舗を掲載していること、また、店舗で最初の一杯のクオリティが高く、通常1,000円〜2,500円以上のものを無料で提供してもらっていると語った。

Image credit: Hideout Club

日本では人口減少や飲みニケーション文化の衰退に伴い、お酒の消費量は減っているものの、消費額そのものはあまり変化していないのだとか。すなわち、一人当たり消費単価は上がっていて、ビールや日本酒の消費は減少傾向にあるものの、ウイスキーや他のスピリッツ種類の消費は上昇傾向にある。先日紹介したデートアプリの「Dine」にもあったような、他アプリとバーやレストランへの O2O サービスとの連携の可能性も考えられるだろう。

ハイドアウトクラブでは、今回調達した資金でチーム人員を現在の3人から増やしたいと考えており、また IT が浸透しているとは言い切れない飲食業界に、効果的なマーケティングチャネル活用の手段を提供していきたいとしている。

 

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------