独自通貨「CLAP」開発のOnokuwa、ファンがクリエイターの集う場所に足を運ぶことで通貨が貯まる「CLAP GO」のティザーサイトを公開

by THE BRIDGE編集部 THE BRIDGE編集部 on 2017.11.14

クリエイターとファンをつなぐ独自通貨「CLAP(クラップ)」を開発する Onokuwa(オノクワ) は14日、CLAP を採用したエコシステムの第一弾として、「CLAP GO(クラップ・ゴー)」のティザーサイトをローンチした。CLAP GO のサービス開始は12月の予定。

CLAP GO は、は、クリエイターの集う場所「CLAP SPOT」に⾜を運ぶことで、独自通貨の CLAP を獲得できるサービスだ。専⽤スマートフォンアプリ CLAP GO をインストールし、CLAP SPOT に設置されている QR コードを読み込むことで CLAP を獲得できるようになる予定(同⼀の CLAP SPOT では1⽇1回のみ、CLAP の獲得が可能)。

Onokuwa が来年リリースを予定している、「CLAP」を使うことができるサービス例

CLAP GO で獲得した CLAP は、ファンが好きなクリエイターを⽀援したり、クリエイターのオリジナル特典などと引き換えたりできるほか、Onkuwa ではクリエイターがファンから⽀援された CLAP を⾃⾝の創作活動を⾏うために利⽤可能なサービスなどのリリースを予定しているという。

同社はこれまでに、CLAP のエコシステムに IoT スタートアップを支援する ABBALab、出版大手の幻冬舎、インターネット各種サービスの DMM.com、音楽コミュニティサイトの nana music の4社がパートナーとして参加することを明らかにしている。

<関連記事>

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------