「作成ページのコンテンツによる集客強化」ーーWebページ作成のペライチとコンテンツマーケティングのウィルゲートが業務提携

by SuzukiSekiko SuzukiSekiko on 2017.11.10

写真左よりペライチ取締役の山下翔一氏とウイルゲート専務取締役COOの吉岡諒氏

Webページ作成サービス「ペライチ」は11月10日、記事作成特化のクラウドソーシングサービス「サグーワークス」を運営するウィルゲートと業務提携を実施することを発表した。

ペライチはテンプレートを選び、文章や画像素材を設定することでホームページ制作に専門の知識がない人でもWebページを作ることができるサービス。作成したページはオプションでカスタマイズが可能。月額500円の決済機能オプションを活用し、ECサイトを作るといった使い方もできる。

今回の提携は同社のユーザーが作成するWebページのコンテンツ強化による集客力向上が目的だ。この取り組みにより、ペライチのユーザーは会員ページからウィルゲートの運営する記事作成クラウドソーシング「サグーワークス」に直接記事発注をすることが可能になる。サグーワークスは受託型のサービスのため、依頼後はユーザーとライターのやりとりはなくディレクターがヒアリングや発注管理を実施する。

同社取締役の山下翔一氏に提携理由について聞いてみたところ下記のように答えてくれた。

「実際にペライチを使ってくれているユーザーさんにはパソコンの利用に慣れていない人や年配の方などリテラシーの低い方もいますが、どのような方にも沢山の人に見られるページを作って欲しいと思っています。そういった意味でWebページに合ったSEO対策やコンテンツ作成の重要性を感じて、専門家であるウィルゲートさんと提携させていただきました」(山下氏)。

サグーワークスでは最低発注料金がオーダーメイドプランの場合、最低20万円からスタートだが本提携では3万円以上からのプランで提供する。

両社は今後1年間で個人および法人200ユーザーの利用を目指していく。「オーダーメイドで対応する中でペライチユーザーの決まった悩みがあればパッケージ化して取り組む」とウィルゲートの専務取締役COOの吉岡諒氏は話す。またオンライン発注の仕組みの導入や状況に応じての利用条件などを調整し、改善していく方向性だ。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------