「呼吸」をするロボットを抱きしめて睡眠不足解消へーースリープテックに挑戦するオランダのスタートアップ

by Yuki Sato Yuki Sato on 2017.11.28

Credit: Somnox

世界では5人に1人が睡眠不足であるというが、オランダのスタートアップ Somnoxは、そんな睡眠不足で悩む大勢の人々により良い睡眠を提供するために「スリープロボット」を開発している。

ふかふかの素材で包まれたこの柔らかいロボットは、睡眠時に抱き枕のように抱えると、人間のように「呼吸」を開始する。ユーザーは自然と呼吸のリズムをロボットの「呼吸」リズムに合わせるようになり、それによってストレスが軽減しリラックスした状態となって良い眠りにつけるという仕組みなのだそうだ。

また、ロボットは心臓の鼓動音や子守唄、瞑想ガイドなどユーザーが付属のアプリで設定した音声も発することができる。

「睡眠不足をテクノロジーで解決できないか?」

Somnoxはデルフト工科大学の学生が中心となって、立ち上がったスタートアップだ。ロボット工学やインダストリアルデザインを学んでいた学生が中心となって立ち上げ、ファウンダーたちは20代前半と若い。

ファウンダーや彼らの友人たちで不眠を患っていたり、睡眠不足に悩んでいる人は多かった。「なぜ、睡眠不足に対する有効なテクノロジーを使ったソリューションがないのか?」副作用のリスクがある薬に頼らない解決方法が必要だと考えた。

この身近な問題を自分たちの専門分野であるロボティクスとデザインで解決したいと考え、試作品づくりをスタートした。

試作品が完成し、テストに協力してくれるユーザーを募ったところ1週間で2000通ものメールが届いたという。これに手応えを感じて「これはスタートアップにして取り組むべきかもしれない」と思ったという。

Somnoxは2015年に創業。彼らの出身校であるデルフト工科大学が運営するインキュベータ「YES!Delft」に参加してサポートを受けた。

ちなみに、YES!Delftはこれまでに200以上のスタートアップをサポートし、参加したスタートアップが調達した額は3億1600万ユーロにも到達する。

ロボットの人間的な呼吸が、ユーザーをリラックスさせる

上:Somnoxの試作品の内部
Credit: Somnox

Somnoxの仕組みだが、ユーザーがSomnoxを抱きしめるとロボットは呼吸をする人間のお腹のようにゆっくりと動き始めて「呼吸」をする。その呼吸とユーザーの呼吸のタミングが徐々に一致し、ユーザーはリラックスした状態で呼吸できるようになり眠りにつけるという。

Somnoxはユーザーが眠っているか起きているかを理解して、起きているユーザーに対しては適切なタイミングで感覚をくすぐり(tickle)、睡眠へと導くとのこと。その特許取得済みの技術がこのプロダクトの鍵であるようだ。

そのほか、ユーザーが設定した音声を流したり、温度の調整、ライトをつけて起床時に起こすといった機能も備えている。

これまでに24ヶ月を研究開発に費やし、5000名を超える人からのフィードバックを受けて、何百回も試作品を作り変えていった。医療機関とも協力して、臨床の評価も得る予定だ。

小売価格は500ユーロほどで考えているものの「Sleep as a service」として、睡眠不足が解決するまでの期間だけを貸し出す仕組みも検討中であるとのこと。

現在Kickstarterでキャンペーンを実施中。すでに目標額を上回り、12万8000ユーロ(約1500万円)に達している(11月24日時点)。

ミッションは「2025年までに、この世界でもっともナチュラルな睡眠ソリューションによって10万名の人々を助けること」だそうだ。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------