AIニュース収集・配信のSpectee、AIアナウンサー「荒⽊ゆい」のβ版をリリース——法⼈向けに年内無償提供を開始

by THE BRIDGE編集部 THE BRIDGE編集部 on 2017.11.7

Image credit: Spectee

人工知能を活用したソーシャルメディア分析により、ニュースに関するテキストや写真をいち早く伝えるプラットフォームを提供する Spectee はは7日、ディープラーニングを活用して、より人に近い音声で原稿を読み上げたり、会話をしたりできる AI アナウンサー「荒木ゆい」のβ版をリリースした。

荒木ゆいは、約10万件の実際にアナウンサーが読んでいるニュース音声を Spectee が開発した人工知能エンジンで機械学習し、さまざまなニュースのシーンにおける、より人に近い自然な発音、アクセントやイントネーションを習得し、自動で原稿を読み上げるバーチャル・アナウンサー。バックエンドには、会話の理解に IBM Watson、音声の呼び出しに HOYA の VoiceText を利用している。

荒木ゆいは正しく⾃然に読み上げるだけではなく、⽇本のさまざまな難読地名や同形異⾳語の読み上げ、読み分けられることが特徴。例えば、「⽇本橋」は東京と⼤阪に存在するが、東京の場合は「ニホンバシ」、⼤阪の場合は「ニッポンバシ」と発音が異なる。荒⽊ゆいは、⽂脈から東京の⽇本橋について⾔及しているか、⼤阪の⽇本橋について⾔及しているかを判断し、「ニホンバシ」または「ニッポンバシ」と正しく読み分けることができる。

さらに、荒⽊ゆいは会話も可能で、相⼿の質問内容を理解し応答する機能を備えており、Spectee では将来的にはニュースの当事者に対してインタビューを⾏うことができるように開発を進めているという。

Image credit: Spectee

AI アナウンサーといえば、エフエム和歌山が Amazon Web Services(AWS)の AI サービス Amazon Polly用いて、AI アナウンサー「ナナコ」が読むニュースや天気予報の放送を始めたのが記憶に新しい。荒木ゆいは法人に年内で無償提供され、Spectee では現時点では詳細を明らかにできないとしながらも、放送業界との協業可能性を模索しているようだ。

荒木ゆいは、11月15〜17日まで幕張メッセで開催される「Inter BEE 2017」で展示公開される予定だ。Spectee の創業者で CEO の村上建治郎氏によれば、荒木ゆいの名前は、人気女優の新垣結衣を意識したものではなく、現在 Spectee が本社を構える新宿区荒木町に由来するという。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------