中国の中古車取引プラットフォーム「Uxin(優信)」、アメリカでのIPOを目指す

by TechNode TechNode on 2017.11.28

Image credit: Uxin(優信)

中国の中古車取引プラットフォーム Uxin(優信、Youxin)がアメリカで8億米ドル規模のIPOを計画している、と International Financing Review 誌が情報筋の話として報じた。情報元によると同社はすでに証券引受人として、Goldman Sachs、JPMorgan Chase、Morgan Stanley の各社と契約を交わしているという。

Youxin は中古車をオンラインで仲介するサービスで、2011年、自動車取引プラットフォームYicheの元副社長を務めていた Dai Kun(戴琨)氏によって設立された。コアブランドの Youxinpai(優信拍)は B2B 向けに中古車サービスを展開しており、オークション、車両探知、支払保証、物流、運搬などを提供する。主な顧客は自動車メーカー、中古車業者、各種大企業だ。また、B2Cの中古車取引プラットフォームと、自動車融資のサービス Uxin Finance(優信金融)も手がけている。

同社は中国の中古車取引市場をリードしており、今年実施されたシリーズ D ラウンドで5億米ドルを調達したところだ。参加した主な投資家らは Warburg Pincus、TPG、Jeneration Capital(時代資本)である。Baidu(百度)がリードした2015年のシリーズCでは1億7,000万米ドルを調達している。

Uxin の IPO までの道のりは長かった。昨年には Busen Garment(歩森)の資産再編による国内での裏口上場を狙っていた。しかし中国証券監督管理委員会による規制の変更により、取引は不成立に終わっている。CEO の Dai Kun 氏は今年5月、方針を変更して IPO に転じた。

フィンテック各社が次々と IPO の波に乗っていることから、過去2年で急速な発展を見せている中国の自動車プラットフォームには、近く上場の動きが次々に訪れるものと思われる。中古車と新車の融資と取引を手がける Yixin Capital (易鑫資本)は香港での IPO に向けて準備を進めているところだ。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------