東欧のベラルーシ、ブロックチェーンスタートアップとICOを惹きつけるべく仮想通貨の新ルールを制定

by Chris O'Brien Chris O'Brien on 2017.12.25

上:ミンスクのレーニン像
Image Credit: Wikimedia Commons

爆発的に成長している仮想通貨業界を牽引するグローバルな戦いにおいて、ベラルーシは主要なハブになるべく賭けに出ている。

本日(編集部注:原文掲載12月22日)、ベラルーシは一連のデジタル経済開発を取り入れ、ICO、仮想通貨、スマートコントラクトを明確に合法化することにした。ミンスクのハイテクパークに拠点を置く企業や起業家のための特別な法律をつくった。

ハイテクパークのVsevolod Yanchevsky氏は次のようにコメントする。

Decreeを採用し、ベラルーシはITビジネスにとって世界でもっとも快適な区域となります。我々ベラルーシは、ブロックチェーン技術とそれに基づく事業開発のために快適な環境をつくっています。

ハイテクパークは、ハイテク企業を惹きつけるための自由化区域として2005年につくられた。パークの入居企業は法人税が免除され、個々人の所得税もわずか9パーセントになる。

入居企業は、今回の決定を経てより積極的にブロックチェーン領域に投資できるようになる。新しい法律は、「デジタルトークンのマイニング、買収、販売で得た収益」において個人税を免除し、さらに「デジタルトークンのマイニング、発行、買収、販売に関する行為は2023年まで税金を免除する」としてる。

ベラルーシは、ICOの参加者を保護するルールも制定しており、スマートコントラクトも承認する。今回の発表は、ICOの中心地になるべくエストニアが大胆な方針を発表した数日後に公表された。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------