新興国ソーシャルレンディングのクラウドクレジット、フェムトグロースファンドらから約4億円調達——電通ストラテジック・パートナーズと提携

by THE BRIDGE編集部 THE BRIDGE編集部 on 2017.12.4

新興国向けソーシャルレンディング・プラットフォーム「クラウドクレジット」を運営するクラウドクレジットは4日、フェムトグロースファンド2.0 などから約4億円を調達したことを明らかにした。フェムトグロースファンド2.0 は、フェムトパートナーズが GP を務め、新生銀行や大手金融機関などが LP に名を連ねる今年5月に設立されたファンドだ。

今回の出資を受けて、クラウドクレジットでは、ファンド審査プロセスの維持・強化による組成件数および種類の増加、保有ポートフォリオの状況およびリスク・リターンの可視化に係る機能の開発・実装、コンプライアンスおよびオペレーション体制の更なる強化、以上を行うためのファンド組成担当者・金融エンジニア・管理部門担当者等の採用を行い、経営基盤の強化と投資家向けのサービスの充実を図るとしている。

また、クラウドクレジットは電通の100%子会社である電通ストラテジック・パートナーズと提携したことも明らかにした。電通ストラテジック・パートナーズは、昨年4月に設立された、ベンチャー支援を意図した電通の SPC(特定目的会社)である。

クラウドクレジットは2013年の会社設立直後にフェムトスタートアップなどから(1,500万円)、2014年7月、マネックスベンチャーズGCI キャピタル、フェムトスタートアップから資金調達(3,500万円)、2015年3月に伊藤忠商事などから約2.8億円(伊藤忠商事からは約2億円)を調達している。なお、フェムトスタートアップは、フェムトパートナーズのアーリーステージ向けファンドである。開示されているものだけで、クラウドクレジットのこれまでの調達総額は約7.3億円に達する。

<関連記事>

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------