ジェネストリーム、スケジュール調整サービス「Cu-hacker(クウハッカー)」を人材サービス大手ネオキャリアに事業譲渡

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2017.12.8

ビジネスシーンに特化した web ソリューションを提供するジェネストリームは8日、スケジュール調整サービス「Cu-hacker(クウハッカー)」を人材サービス大手のネオキャリアに譲渡したことを明らかにした。事業譲渡に関わる金銭的条件については開示されていない。Store-hacker、Suica-hacker、Reserve-hacker といった、ジェネストリームが持つ Cu-hacker 以外のプラットフォームについては、今後もジェネストリームが開発や運営を継続する。

Cu-hacker は2013年5月にβ版をリリース。ユーザは、スケジュールを開いて、空き時間をタップするだけで日時をテキスト化でき、アポイントの時間を選択すると Cu-Hacker が URL を作ってくれる。この URL はメールや Facebook のメッセージで出席者と共有できる。面倒なスケジュール調整がスマホから簡単にできる。

Cu-hacker のユーザ数は現在3万人。一方、ネオキャリアは2年前に勤怠管理・シフト管理プラットフォーム「jinjer」をローンチしており、現在のユーザは約7,000社。また、グループ会社のネオラボが運営する web 会議システム「calling」では、チャットボットを活用したインサイドセールスや採用面接が自動設定できる機能を提供している。ネオキャリアでは Cu-hacker の譲渡を受け、jinjer や calling とのシナジーや機能統合を模索するようだ。

今回の事業譲渡に伴うインフラ変更に伴い、12月9日(土)の深夜0時〜未明5時までサービスを停止する予定。サービスはネオキャリアによって継続され、運営方針や利用規約の変更などについては、後日ネオキャリアからユーザに通達される。

<関連記事>

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------