Jianpu(簡普)、2017年下半期で中国のフィンテック企業として4番目となるニューヨーク証取上場を達成

by TechNode TechNode on 2017.12.1

Image credit: Jianpu(簡普)

中国のフィンテック企業 Jianpu(簡普)は11月16日、ニューヨーク証券取引所(NYSE)にシンボルコードを JT として上場したと当サイトの姉妹版 TechNode China(動点科技中文版)が報じている。Jianpu の IPO 価格は 1ADS あたり8米ドルで、発表されていた8.5米ドルから10.5米ドルの公募価格を下回った。

今回のIPOで Jianpu は、消費者向けマイクロ金融のQudian(趣店)、Hexindai(和信貸)、Ppdai(拍拍貸)に続いて今年下半期にアメリカ株式市場に上場した4番目の中国オンライン金融会社となる。地元メディアは Qudian の事業継続性を理由に、同社のアメリカ IPO に否定的な意見を述べている。学生向け小口ローンを提供する Qudian は成長期がピークであったが、2015年11月に中国政府がオンラインローンを禁止して以来、現在サービスは停止したと発表している。

Rong360(融360貸款)の完全出資子会社である Jianpu は、ケイマン諸島で設立され、Rong360 は Jianpu の変動持分事業体(VIE)である。 Jianpu の最新の月間アクティブユーザは9,580万人に及び、中国国内350以上の都市で2,500以上の金融機関と提携し、これまでに17万の金融商品を販売している。

Rong360は10月20日、最高2億米ドルの資金を調達する計画のもと、証券取引委員会(SEC)に銘柄「Jianpu Technology(簡普科技)」として IPO 申請書類を提出した。

インターネットの検索手法を活用し、素早く効率的にユーザに合った金融商品を探し出す独自のオンライン金融商品検索プラットフォームを構築することは有用性に優れており、このような価値をもたらす会社はごくまれにしか見られないことから、私はこのプラットフォーム事業に大いに期待しています。

Lightspeed China Partners(光速中国基金)の設立パートナーで Jianpu の初期投資家である Mi Qun(宓群)氏は話し、親会社の Rong360 はこれに同調する。

Jianpu(簡普) CEO の Xie Daqing(葉大清)氏と、Lightspeed China Partners (光速中国基金)設立パートナーの Mi Qun(宓群)氏

2011年に設立された Jianpu 親会社の Rong360 は、オンライン金融商品の中国語検索・レコメンデーションサービスを提供している。これまでに1億6,000万米ドルを獲得した2015年のシリーズ D ラウンドと、その他4度の投資ラウンドを成功させている。2015年までに17万あまりの金融商品を販売し、そのうち7万以上はローン商品であったとしている。上場した Jianpu はローンサービスを提供していないが、Rong360 はローン事業を展開している。

Jianpu は引き続き独自のオープン金融商品検索・レコメンデーションプラットフォームに注力して、システムインテグレーションとビッグデータリスク管理を強化し、より詳細なソリューションを提供する方針だという。加えて、取り扱う金融商品カテゴリを保険や資産管理商品などに拡大し、より多くのユーザ向けにユーザアクティビティを高めたいとしている。

Rong360(Jianpu)は、中国を拠点に国内のネット企業への初期投資に特化したベンチャーキャピタルファンド、Lightspeed China Partners の支援を受けている。PPDAI、Junsheng Wanhe(Qihoo 360=奇虎360と合併)、Dazhong Dianping(大衆点評)、Tujia(途家)、Fanggg(房多多)、Pinduoduo(拼多多)、Xingren Doctor(杏仁医生)、eCheng(e 成)など数々のスタートアップも Lightspeed China Partners の支援を受けてきた。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------