自分の部屋をVR内に再現できるMyVR、シリーズAで610万米ドルを調達——Airbnbホストと不動産管理者用アプリのマーケットプレイスを拡充へ

by Khari Johnson Khari Johnson on 2017.12.14

myvr-2-1
左から:MyVR 共同設立者 Markus Nordvic 氏, Mike Stachowiak 氏, Jonathan Murray 氏
Image Credit: MyVR

MyVR は本日(12月5日)、マルチチャネルの不動産管理プラットフォーム拡張に向けて610万米ドルを調達したと発表した。同社が特化しているのは、取扱い物件を20件ほど抱えている Airbnb のホストと不動産管理者向けサービスだ。MyVR のソフトウェアにより、Booking.com、Airbnb、Home Away といった人気サイトに物件を掲載できる。今回調達した資金は、管理プラットフォームのアプリ拡張や不動産管理者向けエコシステムへのサービス提供に活用される。

不動産管理者は本日(12月5日)より、このプラットフォームとマーケットプレイスを使って、予約サービス間におけるアクティビティの同期のほか、Stripe、MailChimp、Quickbooks といった企業からのソフトウェア導入などが可能となる。

この一年、私たちはアプリのマーケットプレイスやサービスのマーケットプレイスをローンチしてきましたが、資金を調達した大きな理由はそこにあります。サードパーティーのプロバイダーとのこうした連携を推進していきたいと考えています。

MyVR の CEO 兼共同設立者である Jonathan Murray 氏は VentureBeat との電話インタビューでこう語った。さらに Murray 氏は注力点についてこう語る。

掃除やメンテナンス、サービスプロバイダー、ほかにもホームオートメーションや金融関連などは私たちがまず注力することになる大きな分野です。

610万米ドルの調達ラウンドをリードしたのは True Ventures で、これに既存エンジェル投資家も参加した。MyVR へ投資しているのは SV Angel、Hotwire 社長の Clem Bason 氏、Chris Dixon 氏(Andreessen Horowitz 入りする前)など。

Y Combinator 卒業生の同社は2010年の設立以降、750万米ドルを調達してきた。本拠地はカリフォルニア州サンフランシスコ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】