中国スマホメーカーにとって、新たなフロンティアになりつつあるロシア市場

by TechNode TechNode on 2017.12.2

調査会社 Counterpoint のレポートによると、中国のスマートフォンブランドがロシアでの拡大攻勢の勢いを増している。

この動きの先駆けとなったのは、代理店経由で6か月の運営を行った後今年4月に正式にロシアに事業参入した Xiaomi(小米)だ。今年第3四半期にはロシアで第5位のスマホブランドとなり、前年比325%の成長を達成した。

オンライン・オフライン販売の両方で、ロシアで最も急速な成長を記録したスマホブランドは Xiaomi でした。

Counterpoint Research の副代表 Tarun Pathak 氏は、声明の中でそう述べている。同社はさらに、モスクワ初の24時間年中無休営業のストアを立ち上げ、オフラインでの小売拡大に努めている。

ロシアのける、スマートフォン出荷台数ベースでの市場シェア
Image credit: Counterpoint

市場シェアにおいては、Huawei(華為)と知名度でやや劣る中国ブランドの Bright&Quick の2つが Xiaomi を上回り、それぞれ11%と5%であった。この2社の成長率は Xiaomi には劣るが、それでも前年比140%と177%で決してあなどれない。Samsung  と Apple  がトップ2を獲得した。

Counterpoint のマーケットモニターは、ロシアのスマホ業界が成長を続けていることを示している。それによると、成長率は年率で7%、直近の2017年第3四半期に限ってみれば実に38%も伸びている。この分析結果について研究員の Minakshi Sharma 氏は次のように述べた。

ロシアの携帯電話市場がこの四半期に大きく伸びた要因は、新規の中国ブランドが積極的なマーケティングキャンペーンを打ったことにより、主要な小売チェーンすべてにおいて値下げが行われたことです。もともと、ロシアの新年度のスタートにあたる第3四半期は、『新学期特需』もあって消費者支出が大きいのです。

中国の国内市場が飽和して以来、中国のスマホメーカーは新たなビジネスチャンスを海外に求め続けてきた。東南アジア諸国への目覚ましい進出を皮切りに、現在では Xiaomi、Oppo(欧珀)、Vivo(維沃)、深圳拠点の Gionee(金立)、Lenovo(聯想)などの中国ブランドがインドのスマホ市場の50%以上を支配するまでになっている。

Xiaomi のような多くの企業が既存市場の足場を強化することに加え、ヨーロッパからアフリカ、中南米に至る新たな地域市場に目を向けている。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------