IoTホステルを展開するand factoryが秋葉原と神田に新規店舗をオープン、「おやすみ」の一言で室内が就寝環境に

by THE BRIDGE編集部 THE BRIDGE編集部 on 2018.1.19

スクリーンショット 2018-01-18 12.26.01.png

IoTを活用した住居やホステルを提供するand factoryは1月18日、スマートホステルブランド「&AND HOSTEL」の新規2店舗をオープンすることを発表した。4号店「&AND HOSTEL AKIHABARA」を1月20日に、5号店「&AND HOSTEL KANDA」を2月20日にそれぞれ開業する。

IoTを駆使したホステルを展開するブランド「&AND HOSTEL」。宿泊者に対してチェックイン時にスマートフォンを貸し出し、同社が開発したIoTデバイスを一元管理できるプラットフォームアプリ「&IoT」により室内の様々な家電の操作が可能だ。ドアの開錠や施錠、室内灯やテレビのON・OFFなどのIoT空間の体験ができる。

またスマートスピーカーが室内に設置されており、「外出」「リラックス」「集中」「起床」「就寝」の5シーンを指定すると、居室内のIoTデバイスが作動し、快適な環境を自動で整える仕組みになっている。たとえば「おやすみ」では、照明の光量調節やリラックスできるアロマの香り、快適な睡眠のための音楽が流れるといった7つのデバイスが一斉に起動する。

d14185-70-675156-13.jpg

現在は福岡、赤坂、上野の3店舗を運営しており、2018年度に開業する2店舗では大崎電気工業の「HomeWatch」、ヤフーの提供するIoTプラットフォーム「myThings Developers」と連携。今後は2018年内を目処に同ブランドで10店舗の開業を目指す。

Source:PRTIMES

 

 

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------