GoogleとTemasek、インドネシアのオードバイ版配車アプリ「Go-Jek」の12億米ドルの資金調達ラウンドに参加

by e27 e27 on 2018.1.26

インドネシアの配車サービス大手 Go-Jek は、検索エンジン大手 Google とシンガポール政府傘下の Temasek Holdings から12億米ドルもの資金を調達した、と関係筋の情報としてロイターが報じている

中国のオンラインプラットフォーム Meituan-Dianping(美団-大衆点評)もこの投資に参加しているほか、 Go-Jek の既存投資家である KKR や Warburg Pincus の名前もある。

TechCrunch の情報によると、Go-Jek は昨年5月にも中国のインターネット企業大手 Tencent がリードする12億米ドルのラウンドを企業価値30億米ドルで完了していたが、2つのラウンドが同一であるかは不明だ。

2010年にバイク配車の電話サービス会社として設立された Go-Jek はオンデマンドの携帯プラットフォームに進化し、交通、物流、モバイル決済その他多くのオンデマンドサービスを幅広く提供している。現在インドネシア全域50都市でサービスを展開している。複数の報道によると2018年にはフィリピンに進出する予定だという。

昨年12月の時点で、Go-Jek は90万人のドライバー、12万5,000店以上の提携店舗を有し、プラットフォームでは月間1億件以上の取引があった。

2016年には5億5,000万米ドルの資金を調達し企業価値は13億米ドルとなった。翌年、中国の小売大手企業 JD.com からさらに1億米ドルを調達した。

Go-Jek は最近、インドネシアで3社を買収している。オフライン決済処理企業の Kartuku、決済ゲートウェイプロバイダー Midtrans、現地コミュニティ対応の貯蓄・融資ネットワーク Mapan であるが、決済サービスの強化が目的だった。

【via e27】 @E27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------