MistletoeとGolden Equator(金道)、テクノロジー特化ビジネスクラブ「SPECTRUM」を公式発表——東南アジアのエコシステム開発を強化

by e27 e27 on 2018.1.22

左から:SPECTRUM 共同創業者 兼 CEO Cheryl Lee 氏、Mistletoe 創業者 孫泰蔵氏、Golden Equator CEO 兼 SPECTRUM 共同創業者 Shirley Crystal Chua 氏
Image Credit: SPECTRUM

昨年、ジャスダック上場のモバイルゲームスタジオ、ガンホーの創業者でビリオネアの孫泰蔵氏は、エコシステムビルダーの Mistletoe を引き連れシンガポールへの移転を発表した際に、暖かい称賛に包まれた。

彼は Bloomberg に対して、向こう5年間に東南アジアに1億米ドルを投資する意向を語っていた。

昨日(1月16日)、孫氏は SPECTRUM 内での Mistletoe のオフィスの公式ローンチとともに、東南アジアキャンペーンの次なるステップを明かした。SPECTRUM は Golden Equator Capital と One Rochester の共同設立者である Cheryl Lee 氏によって昨年共同設立された、テクノロジーに特化したシンガポール拠点のビジネスクラブだ。

SPECTRUM は次の7つのグループをまとめている。政府機関、優れた人材、起業家、教育機関、投資家、助言機関(弁護士やPR企業など)、そしてエコシステムパートナーである。彼らはオンラインプラットフォームや実際のオフィスを通して共同でメンターシップ、資金調達、ネットワーク作りの機会、認可済みワークショップ、ビジネスに関するその他の支援を提供する。

現在、SPECTRUM はヘルスケア、教育、金融、食、住宅、ファッションの6つのセクターの開発に力を入れている。現在は韓国・シンガポール共同のヘルスケアインキュベータの本拠地となっているが、当インキュベータは Golden Equator と韓国の規制・臨床調査プロバイダー C&R Healthcare Global(C&R)の間で設立された。

孫氏は、Mistletoe シンガポールは同社のグローバル本社となり、同地域の他の国、特にインドやその他新興国への進出の足がかりとして使いたいと語った。

<関連記事>

Mistletoeの哲学

昨日の  SPECTRUM の公式ローンチプレスカンファレンスの場で孫氏は語った。

エンジェル投資や起業といった従来の手法は、世界が抱える大きな課題を解決するには十分ではありません。

私たちは自身を、共同インパクト共同体と呼んでいます。お金を儲ける会社であるだけではなく、スタートアップやイノベーターにより持続可能なヒューマンテクノロジーを作り出すよう力を与え、世界に共同でインパクトを与える委員会でもあるのです。

投資は主なアプローチではありません(中略)確かに資金を提供してサポートはしますが、さらにビジネスネットワークを紹介し、共同で R&D を発展させたりする予定です。

(日本の規制による障害や教育システムのために同国を離れたが、)孫氏は過去25年間、日本のテックエコシステムの形成に寄与してきた。孫氏は、彼の会社ガンホーがモバイルゲームとして初めて収益が10億米ドルを超えたパズル&ドラゴンズを発売した時に大きなチャンスを掴んだ。2009年にはスタートアップアクセラレータ Movida Japan を設立、そして4年後には Mistletoe を立ち上げた。

東南アジア内では、Mistletoe はすでに主要なテック企業に巨額の投資を行っている。その一社が Sea、当時の社名は Garena である。同社は11ヶ国以上で1億6,000万米ドルを超える資金をかけてスタートアップをサポートしてきた。

彼にとって、重要なステークホルダーらとの対話やアイデアの相互作用は、健全なエコシステムを築き、クリエイティブで独創的なイノベーションを生むのに欠かせない要素だ。この哲学が、Mistletoe と SPECTRUM の核となるミッションを同調させるものである。そのミッションとは、共同設立者の Cheryl Lee 氏によれば、コミュニティの協調とつながりを深めることだ。

そして孫氏が Mistletoe のグローバル本社をシンガポールに置くことを決めた際、同社をコミュニティに近づけるためには地元の共同努力によって成し遂げられなければならないと決意した。

私たちは、イノベーターのネットワークを育むために、コミュニティと力を合わせて SPECTRUM のコミュニティを築くことにしました。(中略)私たち Mistletoe と SPECTRUM には非常に多くの共通点があり、同じ情熱をシェアしていると気づいたのです。(孫氏)

彼はさらに、その仕事には Golden Equator の知見とネットワークが不可欠だと加えた。

Citibank の元取締役 Shirley Crystal Chua 氏とともに2012年に共同設立された Golden Equator は、同地域に広がる財産とファミリーオフィスから構成される一連のビジネスを管理している。

私たちはテクノロジーとイノベーションをとても深く信じており、だからこそ新しいテクノロジーに投資するために、テックイノベーションファンドを創設したのです。ここが未来であり、アジアの深い成長があるところです。今までに12の投資を行っており、ポートフォリオをさらに広げていく予定です。

Mistletoe と Golden Equator の深いつながりは核となる価値観や信念のために起こったものです。第一に、私たちは社会に影響力を持ちたい。第二に、私たちはエコシステムの形成が難しいことを知っています。個々を合わせたものよりも、全体の方が優れていると強く信じています。ともに、より大きな相乗効果で多くのことを早く成し遂げることができます。(Chua 氏)

出発点としてのシンガポール

孫氏はシンガポールの国際ハブとしての強力なブランド力を、同国への Mistletoe のグローバル本社設置の主要な理由として挙げた。同地域の新興市場へのアクセスの架け橋となるだけではなく、先にも述べた通り、シンガポールの人材プールは称賛に値するという。

この国の人たちはとてもグローバルなマインドを持っています。英語も上手です。産業は情熱に溢れ、政府はとても協力的で集中しており、決断も速いです。(孫氏)

孫氏は、兄の孫正義氏の著名なテクノロジー複合企業、ソフトバンクとの提携の予定はないと語った。

私がアーリーステージスタートアップを見つけたら起こるかもしれません、その後にソフトバンクが投資するという形で。しかし、それは戦略的な動きということではなく、偶然の一致ということになります。(孫氏)

SPECTRUM の主要な差別化要因

SPECTRUM の価値提案は魅力的だが、ユニークなものではない。多くのインキュベータやアクセラレータが、同じバズワードを並べながらここ何年にもわたってシンガポールで誕生している。

しかしながら、ここでの重要な差別化要因は孫泰蔵氏と彼のもたらす豊かな経験とネットワークである。これは、SPECTRUMのスタートアップコミュニティがよりよくキュレートされることを意味する。

強力で影響力のあるゲストもシンガポールに来てくれます。ここでワークショップをするように勧めることもできます。(孫氏)

これらのゲストは、シンガポールのテックカンファレンスの多くに参加することはないが、孫氏のリクエストで姿を見せてくれる、と彼は語った。

さらに、彼を通した偶然の出会いのチャンスもあるという。

私も兄やメンターのおかげで、若い時にセレンディピティを経験しました。

例えば、Bill Gates 氏が兄のオフィスを訪ねた時、兄のゲストハウスにディナーに行く予定だった私も偶然そこにいました。そして、本当に偶然に、私はエレベーターの前で兄と一緒にいる Bill Gates 氏と出会ったのです。兄は Bill Gates 氏を私に紹介し、ディナーに招待してくれました。そこで、クラウド、インターネット、新しい Windows といったような、Bill Gates 氏のアイデアの数々を耳にすることができたのです。(孫氏)

【via e27】 @E27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------