ロシアのフリーメールサービス大手Mail.ru、eスポーツ総合企業のESforceを1億米ドル以上で買収

by Paul Sawers Paul Sawers on 2018.1.30

ESforce の提供サービス一覧(一部)

ロシアの大手インターネット企業 Mail.ru は、1億米ドル以上の取引で e スポーツ企業の ESforce を買収すると発表した。

ESforce は、SK Gaming や Virtus.pro といった多数の e スポーツコミュニティ関連ブランドを傘下に持つ持株会社である。このうち Virtus.pro は数年前に、ロシアきっての大富豪から1億米ドルの投資を受けた

ビデオゲームの競技である e スポーツは世界中でその模様がネット配信されており、現在の市場規模は7億米ドル。報道によると2020年までに25億米ドルに達するとみられている。そのため Amazon は2014年、ゲームストリーミングプラットフォームの Twitch を約10億米ドルで買収したほか、数週間前には Google が中国の e スポーツ企業 Chushou(触手)に投資したと発表した。

プレスリリースによれば、Mail.ru による取引では、あらゆる債務残高を差し引いた1億米ドルが支払われるとされているが、業績次第では2018年末にそれに連動する追加的な支払いもあると報じられている。

ESforce によると2017年のユーザ数は1億1,600万人、予想される収益は前年比150%増の約1,900万米ドル。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】