韓国政府、仮想通貨取引所閉鎖の法案準備中を発表するも、投資家多数の反発で翌日に計画を撤回——法務部長官の辞任を求める署名が6万筆

by e27 e27 on 2018.1.16

Image credit: promesaartstudio / 123RF

韓国政府は仮想通貨の取引を禁止する計画を、当面の間打ち切ると発表した。法務部(法務省に相当)が取引禁止に関する法案を起草していると言及してから、わずか1日後の出来事である。

法務部はこの声明を、企画財政部(財務省に相当)や仮想通貨に関する規制を担当する特別チームなどの支持を一切得ないまま、単独発表したとみられる。

報道によると、企画財政部が取引禁止の法案を知ったのはメディア報道からで、企画財政部を含む他の機関や仮想通貨部門の特別チームは、この決定を一切承認していないと話している。

昨日(1月11日)の声明をきっかけに、法務部長官(法務大臣に相当)の Park Sang-ki(朴相基/박상기)氏の辞任を求める請願が殺到しており、6万人の署名が集まった。

同特別チームの広報担当官は昨年、「仮想通貨の評価に対し、疑念を抱くことがあるかもしれませんが、韓国政府は国益のため、規制の枠組みを取り入れる必要があります」と話していた。

【via e27】 @E27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------