タイの住宅不動産販売ポータル「ZmyHome」、シードラウンドでKK Fundから40万米ドルを資金調達

by e27 e27 on 2018.1.16

ZmyHome のチーム
Image credit: ZmyHome

タイを拠点に、販売住宅の物件情報掲載サイトを提供するスタートアップ ZmyHome は、KK Fund から40万米ドルを調達したことを明らかにした。新たに調達した資金は、同社のポータルサイトを改善し、タイでの新規ユーザを獲得するのに使われる。

タイの通信大手 dtac が運営するアクセラレータプログラム dtac Accelerate の卒業生である ZmyHome は、住宅の持ち主が買い手に直接販売できるサイトを運営している。同社のポータルサイトは、不動産デベロッパか住宅の持ち主のみが情報を掲載でき、手数料や掲載料はかからない。

しかし ZmyHome には、売り手が料金を支払うことで、掲載の状況を改善できる一連のツールが用意されている。例えば、ZmyHome は売り手の近所で3ヶ月以内に住宅を購入したいと考えている買い手を特定できるツールを提供している。また、ZmyHome は広告のインプレッション毎にチャージするため、その物件を閲覧する買い手がいなければ、売り手に料金が発生しない。

他に用意されているマーケティングや広告ツールを使えば、売り手は ZmyHome 上で販売された、これまでの住宅の価格を知ることができる。近所で取引が成立しそうなとき、取引が成立したときにも、売り手には Facebook Messenger で通知が伝えられる。

LPN、Riche Place、CPLand、Real Asset といった不動産デベロッパも、複数の住宅を ZmyHome で販売している。

ZmyHome
Image credit: ZmyHome

LPN Development PCN のディレクター Suwattana Tang 氏は、次のように述べている。

我々は、ZmyHome の買い手に10%以上のコンバージョンで約100軒の住宅を販売しました。このコンバージョンレートは、(当社が使う)すべてのチャネルに比べ、高い値です。

KK Fund の創業者でゼネラルパートナーの斎藤晃一氏は、次のように述べている。

我々が ZmyHome に投資したのは、彼らがタイの不動産プラットフォームの基準を向上させているからです。ZmyHome は、プラットフォームをクリーンなものにすることに注力しており、ダブったり古くなったりしてしまった物件情報、虚偽の情報は掲載されていません。これは、買い手が供給と価格を学ぶ上で最も重要なことです。

ZmyHome の次なる目標は、すべての売り手が3ヶ月以内に不動産を販売することができるよう、価格提案システムと広告ツールを開発することだ。

【via e27】 @E27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------