THE COIN: 編集部が選んだ「新しい経済」をつくる30社「COIN30」の中から、ピッチ登壇してくれるスタートアップの顔ぶれをご紹介 (1/3) #THECOINjp

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2018.1.15

Image credit: monsitj / 123RF

今週後半、3日間にわたって開催されるイベント「THE COIN」では、最終日の20日(土)にピッチアリーナ&デモ「COIN 30」を設ける。COIN 30 では THE BRIDGE 編集部が独自に選んだ「新しい経済」を作るスタートアップ30社のうち、希望チームによる出展ブースでのデモやステージ上でのピッチが繰り広げられる予定だ。

今回は第一回ということもあり、イベント運営の都合からグローバルなイベントにする意図はなかったのだが、蓋を開けてみると海外勢がひしめき合うグローバルなイベントになってしまった。ビットコインに対する投機的な需要と、政府による仮想通貨への法整備という点で日本が先陣を走る一方、ブロックチェーンや仮想通貨を活用した先進的なビジネスは日本国外でも多く生まれており、彼らが日本市場へ照準を定めているからだ。

そういうわけで、ピッチアリーナについては、日本のスタートアップは日本語で、海外スタートアップについては英語で披露してもらう予定。同時通訳や逐次通訳は提供しないが、ご了承いただきたい。

THE BRIDGE では3回に分けて、ピッチアリーナに登壇予定のスタートアップをご紹介する。

GameCredits(セルビア・ベオグラード)

2016年に設立された GameCredits は現在、世界5カ国10拠点に約100人の従業員を擁し、ブロックチェーンを使った世界26億人のゲーマーのためのデジタル通貨「GAME」や関連プロダクトを開発・提供。ゲームデベロッパとゲーマーの双方が参加したエコシステムの形成を目指す。CoinCap.io によると、GAME の仮想通貨規模(マーケットキャップ)は本稿執筆段階で3億8,500万米ドル(この半年で約3倍)。

GameCredits は昨年10月、Unity Technologies との協定に調印しており、これを受けて、モバイルゲームや e スポーツ分野で新しい形態のゲームの配信を始めている。GameCredits のモバイルゲームストア「GPlay」は Unity のゲーム開発エコシステムと統合され、デベロッパは自分のゲームを GPlay 上でも公開でき、また、GPlay は総収入の90%を60時間以内にデベロッパに支払う。

COINJINJA(日本・埼玉)

世界の ICO に関する情報は、英語での情報収集に依存せざるを得ないのが現状である中、COINJINJA は昨年10月、日本発で日本語で操作可能な、仮想通貨・ブロックチェーン技術・ICO 情報などに関する検索エンジンをプレオープンさせた。

「今日の仮想通貨ニュースまとめ」というまとめ記事が毎日発行されており、その日の仮想通貨・ブロックチェーン技術・ICO 情報に関する主要なニュースを一目で把握することができる。iPhone、AppleWatch、Android 向けには、モバイルで容易に仮想通貨の相場情報が閲覧できるアプリを提供している。

イジゲン(日本・大分)

お店に行くだけでポイントがもらえる「AIRPO(エアポ)」や、企業やグループ向けの写真共有アプリ「guild(ギルド)」で知られる大分のシステム開発会社イジゲン。同社は新サービス「SPOTSALE(スポットセール)」を開発中で、昨年10月に公開したティザーサイトでは、店舗の会員権取引所と紹介されている。

福岡や九州のスタートアップ情報を伝えるニュースサイト「オレオカコム」によれば、店舗が会員権を発行し優待を設定することで、店舗は宣伝やマーケティングコストを支払うのではなく、むしろ、金銭を受け取りながらローヤルティユーザに店舗や商品の PR が可能。会員権の売買にはデジタルトークン「SPT」が利用され、プラットフォームの基盤にもブロックチェーン技術が採用されるようだ。

アルトア(日本・東京)

アルトアは、オリックスと弥生が昨年、共同で設立したフィンテック企業で、オリックスが持つ与信ノウハウ、弥生が持つ会計ビッグデータ、協業先である d.a.t. の AI 技術を活用した新たな与信モデルにより、短期・小口に特化した小規模事業者向けのオンラインレンディングを提供。

決算情報などの静的なデータだけでなく、会計ソフトの仕訳データ、請求書などの取引データなど動的なデータを活用することで、精度の高いデータ分析を実施し、リスクを精緻に判断して与信につなげる。業務提携関係にある地域金融機関各社と共同事業を進めており、新たな資金需要の掘り起こしに力を入れる。

(2/3) に続く

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------