CES 2018: トヨタ、未来の多目的ミニバス「e-Palette」を公開

by Blair Hanley Frank Blair Hanley Frank on 2018.1.9

トヨタ CEO 豊田章男氏は1月8日、CES でコンセプトカー「e-Palette」を公開
Image credit: Blair Hanley Frank / VentureBeat

もし、トヨタがその方法を手にしたら、バーニングマンの将来は、自動運転車と電気ミニバスの海と化すだろう。同社は今年の CES で新しいコンセプトカーを発表した。これは車輪のついた丸い輸送コンテナのように見え、自律走行タクシーから食品トラックまでのすべてになるように設計されている。

「e-Palette」という多機能車は、電動の自律走行車が都市インフラの重要な部分である未来のビジョンに合っているはずだ。CEO の豊田章男氏は、市街地であれ、砂漠の中の祭りの場所であれ、e-Pallete を使ってオンデマンドの小売スペースやレストランを必要な場所に運べると考えている。

e-Palette を使えば、バーニングマンでどんなものになるか想像してください。

(テック界の著名人たちが、ブラックロック・シティー(バーニングマンの開催地)に豪華な設備を持って行くことを考えれば、この光り輝く自走電動バスが到着したときの、バーニングマンに参加している人々の反応は想像がつきそう。)

このビジョンをサポートするために、トヨタは e-Palette Alliance にパートナーを募集し、この車のビジョンを実現させた。豊田氏は、Amazon、Didi(滴滴出行)、Pizza Hut、Uber、Mazda などと協業を始めていると語った。

しかし、消費者はすぐに道路をクルージングできると期待すべきではない。トヨタは2020年のオリンピックにこれらの車を持ち込む計画だが、商用リリースへの直接的な道はないと思われる。

トヨタの発表は、荒々しい自動車市場で勝ち抜く手段として、技術を搭載した車を増やす方向への幅広い動きの一つだ。豊田氏は、自動車分野で Apple や Google のようなテック大手の作品に予断を許せない、と語った。

昨年と同じく、今年の CES は、最新の技術革新を見せようとする自動車メーカーが多数参加している。昨日、Byton がコンセプトカーを紹介したが、Hyundai、Ford、Kia などの企業はまだ作品を発表していない。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!


----------[AD]----------