ビットコイン特許で世界の先頭を走る中国——公開特許件数で、Alibaba(阿里巴巴)と中国人民銀行(傘下の2組織合計)が筆頭

by TechNode TechNode on 2018.2.17

中国の知的所有権ニュース専門サイト IPRdaily とイノベーション調査センター incoPat(合享智慧)の報告によると、Alibaba(阿里巴巴)はブロックチェーン技術に関する公開された特許の数で世界で1位の座にあり、また3位には中国人民銀行デジタル貨幣研究所がいることがわかった。この報告によれば、2017年に世界で公開された特許の数において、Alibaba は発明・設計・利用の3つの特許分野すべてで突出していることがわかる。 上位100社中49社が中国企業で、23社がアメリカ企業だ(上位100位については以下の表を参照)。

公開された特許の数は、質が良いか、役に立つかどうか、実社会で使いものになるかどうかを表しているとは限らない。しかし、ここに掲げられた企業のいくつかは、極めて速いスピードで仕事を始めたばかりだ。

これらの数字は、2017年およびこれまでに公開されたブロックチェーン特許の数を表している。Alibaba Group(阿里巴巴集団)は明らかに表の最前列にあることがわかる。累積合計49件のブロックチェーン関連特許のうち、44件が2017年に公開されている。2位は Bank of America で、新しい特許を33件公開し累積合計44件。3位も中国の組織で、中国人民銀行デジタル貨幣研究所(数字貨幣研究所だ。この研究所は2017年6月にオープンいたばかりにもかかわらず、すでに33件の特許を公開しており、2017年後半だけで累積合計件数に達したことを意味する。

このリストの8位にも、中国人民銀行傘下の組織がランクインしている。Yicai Global(環球第一財経)によれば、中国紙幣印刷有限公司は昨年9月、杭州にブロックチェーン研究所を開設しており、昨年末までに22件の特許を公開していることを考えれば、とても腕が長けていることがわかる。前出のデジタル貨幣研究所と、この杭州のブロックチェーン研究所を合わせれば、中国の中央銀行は55件のブロックチェーン特許をもってトップの座に躍り出ることになる。

上位100位でブロックチェーン特許を持つ会社が複数社いる国は、中国とアメリカ以外では、日本の2社とイギリスの5社のみだ。ロシア、アイルランド、スペイン、オーストラリアなど12の国々には、それぞれブロックチェーン特許を持つ会社が1社ずつ存在する。スペインやオーストラリアなどは、2017年に新しい特許を公開していないが、上位100位にとどまることができている。

2017年公開のブロックチェーン特許件数順上位100社
(右端欄が、過去分を含む累積件数)
Image credit: IPRdaily データ出典:incoPat

【via Technode】 @technodechina

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------