フロムスクラッチ、マーケティングプラットフォーム「b→dash」を大規模アップデート——中小企業・スタートアップ向けのライト版もリリース

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2018.2.5

フロムスクラッチ代表取締役 安部泰洋氏
Image credit: Masaru Ikeda

マーケティングプラットフォーム「b→dash」を提供するフロムスクラッチは5日、都内で b→dash 事業戦略発表および新 CM・イメージキャラクター発表会を開いた。イベントでは、フロムスクラッチ代表取締役の安部泰洋氏が登壇し、マーケティングプラットフォーム b→dash を大規模アップデート(b→dash Prime Update)、また、中小企業・ベンチャー企業・スタートアップ向けには新プロダクト「b→dash Lite」を正式リリースすることを明らかにした。

同社では昨年5月の資金調達時、ビッグデータ統合と人工知能開発を促進することを明らかにしていた。今回の大規模アップデートでは、まさにこの努力が日の目を見たことになる。

具体的には、Data Preparation Engine(データ設計を自動最適化する、データ予測整形エンジン)、Data Reactor(データ統合を自動最適化する、データフォーマット生成技術)、Data Pallet(データ変換時の SQL 業務を不要にする高速クエリ生成技術)、Data Learning Drive(自己学習プラットフォーム技術)の4つのコア・テクノロジーが実装され、データ活用に関連する課題の解決を図る。

フロムスクラッチ代表取締役の安部泰洋氏と、パートナーの一社であるアクセンチュア・インタラクティブの槇隆広氏
Image credit: Masaru Ikeda

また、b→dash の機能軽量版である b→dash Lite では、これまでの b→dash での知見をもとに、成果に直結する機能のみを限定搭載し、月額の利用コストを従来ツールの6分の1である月額5万円から提供する。フロムスクラッチでは、エンジニアやデータサイエンティストがいない企業や部署でもデータ活用を簡単に推進できるようにするとしている。

b→dash がほぼ直販であったのに対し、b→dash Lite ではより多くの企業へのアプローチを行うため、フロムスクラッチでは、パートナーセールスや共同提案などを目的として12社と提携する。提携先は、Accenture Interactive、PWC、博報堂、マイクロソフト、サイバーエージェント、電通、NTT データ、ADK、伊藤忠テクノサイエンス、NTT コム・オンライン・マーケティングソリューション、トランスコスモス、伊藤忠インタラクティブ、エコノクレア。

フロムスクラッチ代表取締役の安部泰洋氏と、ブランドキャラクターに就任した、おぎやはぎの二人
Image credit: Masaru Ikeda

フロムスクラッチは同日、b→dash を大規模アップデート、 b→dash Lite のリリースとあわせ、 b→dash の認知向上を目的として、お笑いコンビ「おぎやはぎ」を起用した CM も発表した。CM は2種類制作され、5日から web や都内交通機関で放映が開始される。

フロムスクラッチは2010年4月に設立され、現在の社員数はエンジニアを中心に150名。2015年5月に3億円2015年12月に10億円2017年5月に32億円を調達している。b→dash の顧客は大手事業会社を中心に数百社に上る。今後は、b→dash Lite の新規投入とあわせ、より裾野を広げた顧客拡大に注力するようだ。

Image credit: Masaru Ikeda

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------