インドネシアEコマース大手Blibliと自動車大手Astra International、配車アプリ「Go-Jek」の約1,600億円の直近調達ラウンドに参加か【報道】

by Daily Social Daily Social on 2018.2.13

Go-Jek_1.jpg

目標調達額が15億米ドル(約20兆インドネシアルピア)といわれる Go-Jek の投資ラウンドに参加するのは、Google や複数の中国人投資家だけではないようだ。報道によると、インドネシアの e コマース企業 Blibli と自動車メーカー大手 PT Astra International も、同ラウンドに参加する意思を示し、合計3~3.5兆ルピア(約2億5,000万~2億9,000万米ドル)を Go-Jek に出資する予定だという。Blibli は GDP Venture から支援を受けており、旅行予約サイトを運営するスタートアップ Tiket.com と Indonesia Flight の2社をすでに買収している。現在、Go-Jek の企業価値は約40億米ドル(54兆ルピア)といわれている。

Katadata によると、Blibli の出資額は1~1.2億米ドル、Astra International の出資額は1.5億~1.7億米ドルになるという。つい先日、合意書に署名したといわれているが、Astra International、Blibli、Go-Jek からこの件についてまだ回答を得られていない。

一方、Google は Go-Jek の投資ラウンドに参加すると以前から認めており、強力なマネージメントとリーダーシップを持つ同社に出資する意向があると伝えている。インドネシア、ひいては東南アジアに勢いよく押し寄せるインターネット経済の中で、成功を収めるための第一歩にしたい考えだ。

同ラウンドには他の参加者として、Tencent(騰訊)、JD.com(京東)、Temasek、Meituan-Dianping(美団-大衆点評) といった著名な投資会社の名前が挙がっている。2017年、Go-Jek はフィンテック関連スタートアップ3社、イベント管理スタートアップ1社を買収。自社の決済サービス Go-Pay のサポートを含め、業界内での地位をさらに強化する狙いだ。

Go-Jek は現在、インドネシアで Grab や Uber と熾烈な競争を繰り広げており、今年中に東南アジア圏内の他国へ事業展開を計画している。

【情報開示】DailySocial、Blibli、GDP Venture は同一の親会社の傘下にある。

【via DailySocial】 @DailySocial

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------