中国最大のコワーキングスペース企業UCOMMUNE(優客工場)、バリュエーションはまもなく90億人民元(約1,500億円)に到達

by TechNode TechNode on 2018.2.21

UCOMMUNE(優客工場)の共同設立者 Mao Daqing(毛大慶)氏

TechNode の姉妹サイトである TechNode Chinese(動点科技)は、中国のコワーキングスペース大手 UCOMMUNE(優客工場)が、深圳拠点の Qianhai Wutong Mergers and Acquisitions Funds (前海梧桐併購基金)から、さらに1億1,000万人民元の戦略的投資を受けたと報じた UCOMMUNE は2ヶ月前、同じ投資会社がリードしたシリーズ C ラウンドで3億人民元(約50億円)を調達したばかりだ。この新たな資金調達で、UCOMMUNE の企業価値は90億人民元(約1,500億円)を超えると言われている。

2017年、同社は「コミュニティ」という考えを強調し、ライバル企業 WeWork との名称にめぐる争いを避けるため、UrWork から UCOMMUNE に名称を変更した。昨年4月の New Space(洪泰創新空間)との合併後、中国で最も大きなコワーキングネットワークとなった。

現在、付加価値サービスを急速に展開している同社は1月、高校生、大学生を起業家とつなぐ教育用プラットフォーム「UCOMMUNE Academy(優客講堂)」をローンチした。さらに、企業、サービス業者、投資家とのネットワーク形成を促進する B2B 向けソーシャルネットワーク「優鮮集」も立ち上げた

UCOMMUNE(優客工場)のコワーキングスペース
Image Credit: UCOMMUNE(優客工場)

同社は2015年に設立され、中国のコワーキングスペースプロバイダとしてユニコーン企業の地位に立った初めてのスタートアップである。設立以後、中国国内だけに留まらず、シンガポール、ロンドン、ニューヨークにも海外展開を行い、33都市で100ヶ所以上をカバーするまでに成長した。今後3年でその数を35都市160ヶ所に増やしたい考えだ。

中国のコワーキング業界は成熟期を迎えており、naked Hub(裸心社)など国内企業や WeWork などグローバル企業が生き残りのためにしのぎを削っている。naked Hub は昨年7月、シンガポールのコワーキングスペース JustCo と合併し、アジア地域へのさらなる事業拡大を目指すと発表した。また、WeWork も中国市場向けに積極的なプランを立てており、その中には2018年初め、新たに4つの場所に新設する計画も盛り込まれている。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------