転職支援プラットフォームのgrooves、全国の地域金融機関・関連企業からの資金調達が累計11社・総額4.5億円に——地方へ人材流動強化を狙う

by THE BRIDGE編集部 THE BRIDGE編集部 on 2018.2.14

転職支援プラットフォームを運営する grooves(グルーヴス)は14日、全国の地域金融機関・地方銀行系の VC やファンド・関連企業からの資金調達が累計11社、総額4.5億円に達したことを明らかにした(地域金融機関系以外を含めれば、公開されているものだけで累計資金調達額は7億円超)。

THE BRIDGE でこれまでお伝えした資金調達や提携は次の通りだ(なお、人材派遣センターオキナワとは資金調達を伴わないため、また、島根の5信用金庫はファンド LP のため11社にカウントしていない)。

これらに加えて、今回の発表では、以下の5社が加わった。

  • 千葉銀行系のちばぎんキャピタル
  • 伊予銀行系のいよぎんキャピタル
  • 新潟ベンチャーキャピタル
  • 北洋銀行系の北洋キャピタル
  • 新生銀行

grooves ではかねてから、地方金融機関のネットワークを通じた人材流動化による地方創生支援に貢献したいとしてきた。具体的には、第二創業やベンチャー型事業承継というコンテキストにおいて、都市部からの人材流動(Iターン、Uターン)を促進し、地方企業が直面する後継者不足などの問題解決を支援するというものだ。

このスキームの具体例を挙げると、島根県松江市では市の定住企業立地推進課などの協力を得、地域企業向けにもグルーヴスが保有する中途採用に関する知見を公開して、島根県内企業の求人強化のためのノウハウセミナー、ワークショップを開催したり、岩手県八幡平市では、マーケティングや販売促進など都市部企業で磨いた業務スキルを、副業としてマッチングし地方企業の業務改善や人手不足解消を狙った「Skill Shift」を展開したりしている。

先ごろ、金融庁は地方銀行に対する人材紹介事業参入の規制を緩和する方針を明らかにした。grooves では今後、全国の地方金融機関と人材紹介についてのスキームの展開を図り、47都道府県を網羅したいとしている。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------