PeraPera、平日毎晩7時からのクイズ回答で賞金が稼げるアプリ「MyQトリビア」をローンチ——シリコンバレー著名人ブログ翻訳からピボット

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2018.2.26

MyQ Trivia
Image credit: PeraPera

昨年の今頃、「PeraPera」というアプリがリリースしたのを覚えているだろうか? Y Combinator 共同創業者の Paul Greham 氏やスタートアップ支援家としても名高い Jason Calacanis 氏など、シリコンバレーの著名人が書いたブログを、日本語に翻訳して提供するというサブスクリプションサービスを提供していた。

約半年にわたって続いた PeraPera のサービスは昨年7月で終了。チームはピボットする次のビジネスを模索していたようだが、本日、それが日の目を見ることとなった。新しいアプリの名前は「MyQ トリビア」だ。iOS のみで利用可能で、iTunes AppStore からダウンロードできる。

平日毎晩7時になると新しいクイズ問題が出され、全問正解するとポイント(賞金)が得られる。ポップカルチャー、歴史、スポーツ、数学など幅広い分野から出題され、得られた賞金は2,000円を超えると引き出せるようになるという(サービスリリース時点ではポイントの蓄積のみ)。

MyQ Trivia
Image credit: PeraPera

クイズは4人の司会者から出題され、PeraPera CEO の Mike Eldin 氏自身も司会者の一人を務める。毎晩7時から15分間くらいの時間限定の形でサービスが利用可能となることから、ライブコマースに似たユーザ同士の一体感が生まれる。ポイント使用に関する詳細な仕様は不明だが、一定期間アプリ上にプールされるユーザの現金相当価値が発生するので、C2C 購買アプリや P2P 決済/送金アプリのようなビジネスモデルも考えられるかもしれない。

ユーザは無料で利用でき、PeraPera では賞金に必要な原資を自己資金から充当するとのことだが、ユーザの増加にあわせて広告を挿入し、広告費から賞金を捻出するとしている。アクセス時間帯が集中する分、広告主に対してもコストパフォーマンスの高い広告出稿機会を提供できる可能性がある。

PeraPera は2017年4月、East Ventures とエンジェル複数から約4,000万円を調達している。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------