アップル、障害者を表現する絵文字13個を新たに提案——多様性を表す絵文字を推進

by VentureBeat ゲストライター VentureBeat ゲストライター on 2018.3.26

過去5年間を振り返ると、いつからか絵文字はニッチな存在からコミュニケーションにおいて重要な存在へと進化した。Appleにおいても同様だ。

Appleは、これまでも新しい職業やダイバーシティを表現するアイコンを提案してきたが、今回新たにUnicode Consortiumにおいて、「障害をもつ個人をよりよく表現し」、障害についてより包括的に描写するようになるための「最初の一歩」をつくるために、13の新しい絵文字を導入するべきだと訴えた

Emojipediaの内容によれば、Appleは全米視覚障害者会議(Ameirican Council of the Blind)、脳性麻痺基金(Cerebral Palsy Foundation)、ろう協会(National Association of the Deaf)と協力しながら、新しい絵文字を開発したという。

その絵文字には以下のようなものが含まれる。

  • リード付きの盲導犬
  • ベストとリードを身につけたサービス犬
  • 白い杖をもった人(男女)
  • 補聴器をつけた耳
  • 電動車椅子に座った人(男女)
  • 手動車椅子に座った人(男女)
  • 義手と義足

人物の絵文字は、複数の肌色を使うことが提案されており、補助とサービス犬の目的ごとに異なる犬の種類となっている。合計で、45の絵文字が提案された。

Unicodeの技術委員会は来月サンノゼで集まり、上記とその他に提出された絵文字について議論する予定だ。承認されれば、早ければ2019年の下半期、Emoji 12.0 のリリース時にこれらの絵文字が登場することになるだろう。

Apple は、iOSに新しい絵文字を毎年追加してる。それらの絵文字の種類は、食べ物、動物、オブジェクト、人物などでUnicodeがグラフィックで表現するに値すると認めたものだ。

Appleは、動物の絵文字の3Dの拡張現実バージョンの Animojiもまた、昨年 iPhone X に追加している。Emojipedia によれば、2018年の Emoji 11.0のリストは2月に最終決定し、今年下半期にはデバイス上で見れる予定だ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------