ドイツで進化型のバス運行サービスを提供するFlixBus、こんどは鉄道旅行の改革を目指し「FlixTrain」をローンチ

by Chris O'Brien Chris O'Brien on 2018.3.14

heroimage_early2018_flixtrain-12-kopie_0.jpg
FlixTrain

ドイツの運輸会社 FlixBus は過去5年間かけて、バス旅行を再び魅力的なものにしようと取り組んできた。そんな同社が本日(3月6日)、鉄道に特化した新たなサービスをローンチすると発表した。

黄緑色が特徴の同バスは、低運賃やデジタル予約、映画や Wi-Fi などのアメニティの充実により、今やヨーロッパ地域において当たり前の存在となった。そして、親会社の FlixMobility は、 新サービス「FlixTrain」を立ち上げ、バス事業で培ったサービスの多くを鉄道業界に持ち込もうと模索している。

FlixBus の共同設立者でマネージングディレクターの Jochen Engert 氏は以下のように語った。

弊社は鉄道業界に注目しており、運営方法や利用客について入念に調べました。その結果、鉄道はバスの拡大版に過ぎないと確信したのです。

FlixBus は現地のバス会社と提携し、同社のスケジューリングやチケット発行システムを提供することで運営されている。また、FlixBus ブランドの付与、バスによる環境保護への貢献も果たしている。Engert 氏によると、ヨーロッパ各地の規制解除により、デジタルシステムやマーケティングに投資する資産がない小規模の会社が、次々とバス事業に参入したという。

本国ドイツにおいては鉄道システムが自由化されており、他のヨーロッパ諸国も自由化の完了、もしくは規制撤廃に向けて検討中である。同社は FlixTrain において現地の鉄道会社と提携するという、バス部門のサービスとよく似たモデルを採用する予定で、FlixBus ブランドの知名度を活かし、利用客を新たな鉄道サービスへと呼び込む狙いだ。

競争に参加しようとした民間の鉄道会社は存在します。しかし、ブランドの構築ができず、列車内を乗客で埋めることもできず、非常に苦戦していたのです。(Engert 氏)

当面の間、FlixTrain の利用はドイツのみ。正式なサービス開始は3月24日で、ルートはハンブルグ-デュッセルドルフ-ケルンとなっている。2018年の4月末までに行き先を国内28ヶ所まで増やすことを目標にしている。

この新サービスのほかに、FlixBus は年内のアメリカ進出も準備しており、西海岸が運行開始の候補地だとしている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------