大分のイジゲン、店舗の会員権取引所「SPOTSALE(スポットセール)」を正式ローンチ

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2018.3.13

大分を拠点とするイジゲンは13日、小売店舗向けの会員権取引所「SPOTSALE(スポットセール)」を正式ローンチした。

飲食店などの小売店舗の顧客獲得においては、宣伝やマーケティングコストをかけて行われることが多い中、SPOTSALE では店舗が会員権を発行し優待を設定することで、店舗が金銭を受け取りながらローヤルティユーザに店舗や商品の PR が可能となる。会員権の売買にはイジゲンが発行する独自デジタルトークン「SPT」が利用され、取引所をはじめとするプラットフォーム基盤にはブロックチェーン技術が採用される。

SPOTSALE が現在提供できる機能は、以下の3種類。

  1. 店舗が会員券の発行を行い、期間限定で公募販売をする。
  2. 公募販売終了後、一般公開された会員券はユーザー同士で売買ができる。
  3. 会員券を所有するユーザーは発行店舗でさまざまな優待を受けることができる。

本日時点で SPOTSALE の登録ユーザは約3,000人、2018年3月までに会員権の発行を希望する店舗数は約70店舗に達したとしている。今後は、地域や特定の分野に貢献したユーザーによる会員権推薦機能や、評価の高い店舗の段階的な追加公募、日本以外へもサービスを展開するとしている。

イジゲンは2013年11月の設立。これまでに、システムやアプリの受託開発や運営のほか、お店に行くだけでポイントがもらえる「AIRPO(エアポ)」や、企業やグループ向けの写真共有アプリ「guild(ギルド)」を提供。今年1月にはシードラウンドで、ANRI、インフキュリオン・グループ、モバイルクリエイト(東証:3669)と、バリュープレス創業者の大木佑輔氏から、総額6,200万円を調達している

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------