AIニュース収集・配信のSpectee、AIアナウンサー「荒⽊ゆい」を正式公開——⽉額9,800円から、テレビ局やラジオ局には無償提供

by THE BRIDGE編集部 THE BRIDGE編集部 on 2018.3.1

Image credit: Spectee

人工知能を活用したソーシャルメディア分析により、ニュースに関するテキストや写真をいち早く伝えるプラットフォームを提供する Spectee は1日、ディープラーニングを活用して、より人に近い音声で原稿を読み上げたり、会話をしたりできる AI アナウンサー「荒木ゆい」の正式版をリリースした。

同プラットフォームは昨年11月にβ版としてローンチされていたもの。正式版公開により、ユーザは月額9,800円から20回分の音声ファイルがダウンロード可能になり、それを超えた場合は2,450円で5回分のダウンロードが可能になる。

Image credit: Spectee

荒木ゆいは、約10万件の実際にアナウンサーが読んでいるニュース音声を Spectee が開発した人工知能エンジンで機械学習し、さまざまなニュースのシーンにおける、より人に近い自然な発音、アクセントやイントネーションを習得し、自動で原稿を読み上げるバーチャル・アナウンサー。バックエンドには、会話の理解に IBM Watson、音声の呼び出しに HOYA の VoiceText を利用している。

この分野では、エフエム和歌山が Amazon Web Services(AWS)の AI サービス Amazon Polly を用いて、AI アナウンサー「ナナコ」が読むニュースや天気予報の放送を始めたのが記憶に新しい。Spectee ではテレビ局およびラジオ局に広く利用してもらうことを念頭に、荒木ゆいが無償で提供される。3月6日と7日、東京・汐留の日本テレビで開催されるクリエイティブテクノロジーラボでは、荒木ゆいが初めて一般公開される予定だ。

「荒木ゆい」の操作画面。web からの手動入力のみならず、API 連携での動作も可能だ。
Image credit: Spectee

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------