デジタル政策における欧州の未来構想は?ーーブロックチェーン、AI、5Gなどで新たな協定の締結を発表

by Chris O'Brien Chris O'Brien on 2018.4.16

Image Credit: Wikimedia Commons

EUのリーダーたちは、共通のデジタル政策に関してメンバー間で分裂している状態を統一するため、新興テクノロジーにおける欧州の優位性を高めるための一連の計画を発表した。

ブリュッセルにおける年次デジタルデイにおいて、欧州議会は、いくつかの主要な協定を結んだことを発表した。

主なものは以下の通りだ。

  1. 欧州の25カ国が、人工知能に関する協定に結ぶ
  2. 欧州の22カ国が、新たな欧州ブロックチェーン提携に署名
  3. ゲノムデータバンクの作成を含む、新しい eHealth イニシアティブに13カ国が署名
  4. 研究所におけるブレークスルーをスタートアップに転換させるスピードを速めることを目的とした、Innovation Radarと呼ばれるイノベーションに関する協定に欧州の17カ国が署名した。
  5. 次世代のワイアレスネットワークと自動運転車の展開を加速するために、コネクテッド運転、自動運転のための国境を超えた5G地帯をつくる契約を結んだことを欧州の数カ国が発表した。

過去数年にわたって、EUは Digital Single Marketの創造を探求してきた。モバイルテクノロジー、ジオフェンシング、デジタルコンテンツ、プライバシーといった領域において、共通のデジタルルールをつくるためだ。同時に、欧州のスタートアップエコシステムは、EUによる多額の投資の恩恵も受けて成長してきている。EUは地域経済の活性化のために、起業家に期待を寄せている。

今回の発表の前には、今後数年にわたって欧州拠点のベンチャーファンドに資金を投入するVentureEuという名の 26億ドルのファンド・オブ・ファンズの立ち上げが発表されたばかりだった。

関連記事:米国との投資格差を埋めるため、EUがファンド・オブ・ファンズ「Venture EU」に21億ユーロ(約2,780億円)を投入すると表明

(本記事は抄訳になります。)

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------