ボクシング界のレジェンドManny Pacquiao氏、フィリピンのレンタカープラットフォーム「Graventure」に出資

by e27 e27 on 2018.4.14

graventures_manny_pacquaio
Image credit: Jezy Fernandez 氏

ボクシング界の大物 Manny Pacquiao 氏は本日(4月11日)、フィリピンのレンタカープラットフォーム「Graventure」のシードラウンドをリードしたと発表した。同氏にとって2回目となる今回の投資によって、正式にハイテク投資家としてデビューしつつある。

わずか1ヶ月前には、Pacquiao 氏はブロックチェーン企業 GCOX への投資でブロックチェーン業界に参入したばかり。

今回の投資契約の一環として、今後 Pacquiao 氏は Graventure の正式なエンドーサー(保証・推奨人)となる。

2018年第3四半期にローンチ予定の Graventure は、レンタカー代理店と消費者をつなぐワンストップのオンラインプラットフォームを開発している。現在フィリピンのレンタカー業界は細分化されており、消費者は自分に適したサービスを見つけるまでに複数のサイトをチェックしなければいけない状況だ。

Graventure の目標は、数万件単位のリストを1つのモバイルおよびデスクトッププラットフォームに集約させることだ。

Pacquiao 氏は公式声明の中で次のように述べた。

Graventure が問題を解決し、マニラをはじめ、すべての地域の多くのフィリピン人の助力となることを望んでいます。彼らは今よりもっと簡単に車を見つけて借りることができます。これは重要なことです。このサービスによって、終日ウェブをリサーチする手間をかけずに、純粋に目的地に行くことに集中できるようになります。

この目標は、これまで様々なウェブサイトにまたがる雑多なレンタルクエリの管理に時間を費やしてきた自動車オーナーや代理店の助けにもなる。ここがまさに、共同設立者である Gracy Fernandez 氏が会社設立を思い立ったポイントでもある。

Fernandez 氏はこう語った。

これまでは、1台の車を借すだけでも大変でした。しかし Graventure を通じて、複数の車や大型車両のレンタルも簡単に管理できるようになります。これまで多くのフィリピン人が、自分の車をレンタルに出すことで追加収入を得てきました。それと同様に、今後より多くの人たちが Graventure を通じて高収益のビジネスを創造できるよう願っています。

本人だけでも約2億米ドルの市場価値があると目されている Pacquiao 氏。彼は GCOX への投資においても、今回と同じモデルを採用した。すなわち、まずは資金を投入し、独自の仮想通貨のローンチを計画、その後はブロックチェーンスタートアップの有名人エンドーサーとしての役割を果たす、というものだ。

スタートアップへの投資に強い関心を持つことで知られるスポーツ界の大物としては、Kobe Bryant 氏、Carmelo Anthony 氏、Serena Williams 氏が挙げられる。また、野球界のスーパースター Derek Jeter 氏も、人気のスポーツメディア企業「The Player’s Tribune」の設立者として起業家デビューを果たした。

【via e27】 @E27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------