まごチャンネルでシニア層の商機獲得もーー開発元のチカク、野村HDなどから1.2億円の資金調達

by THE BRIDGE編集部 THE BRIDGE編集部 on 2018.4.13

d15422-15-440261-1.jpg

遠隔地の家族をつなぐIoTデバイス「まごチャンネル」を開発・販売するチカクは4月13日、野村ホールディングス傘下のファンドおよび既存株主のインキュベイトファンドを引受先とする第三者割当増資を実施したと発表した。調達した資金は1億2000万円で、これまでの累計調達額は4億1000万円になる。

チカクは野村ホールディングスの主催する事業支援プログラム「VOYAGER」の第1期生で、採択後には野村證券のシニア層顧客に対してテストマーケティングを実施してきた。結果、野村證券ではこれまで金融商品しか繋がりのなかった顧客接点に「家族とのコミュニケーション」という価値が加わり、営業活動の改善、顧客満足度の向上がみられたという。

チカクはこれまでの知見を活かし、シニア世代の生活を豊かにするサービス提供を進めるとしている。

via PRTIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------