福岡のグッドラックスリー、イーサリアム上で取引できるDappゲーム「くりぷ豚」を発表——セレスと共同で〝日本版CryptoKitties〟を目指す

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2018.4.27

左から:グッドラックスリー 代表取締役 井上和久氏、セレス 代表取締役 都木聡(たかぎ・さとし)氏
Image credit: Masaru Ikeda

福岡を拠点とするグッドラックスリーは27日、インターネットマーケティング大手のセレス(東証:3696)と共同で都内で記者会見を開き、イーサリアム上で取引できるDappゲーム「くりぷ豚(くりぷとん、英語名:Crypto-Oink)」をリリースすると発表した。くりぷ豚は、web アプリとモバイルアプリで提供予定。リリースは今春を予定しているが、現時点で具体的な期日は未定。

くりぷ豚は、ユーザが豚のキャラクター(くりぷトン)」を収集し、交配させ新種を誕生させたり、ユーザ間で売買したりすることができるモバイルゲーム。アプリは Dapp(非中央集権型アプリ)であり、ウォレット機能を備えているため、豚のキャラクターの売買を証明し、その取引内容をブロックチェーン上に投げることで、イーサリアムを扱う取引所との仮想通貨売買、ユーザ同士間での取引売買が可能だ。

記者会見で、「くりぷ豚」を紹介するグッドラックスリー 代表取締役 井上和久氏
Image credit: Masaru Ikeda

グッドラックスリーは、豚の販売とオークション手数料で収益化する。同社では、日常的にブロックチェーンに関わる機会が少ないユーザ層にも、ゲームという身近なテーマで利用にあたってのハードルを下げ、より親しんでもらえる機会を提供したいとしている。

セレスは近年、仮想通貨取引所の bitbank やコインチェック、独自の分散型台帳技術を開発する orb、各種ブロックチェーンアプリを開発する sivira といったブロックチェーンスタートアップに出資している。グッドラックスリーの代表取締役社長である井上和久氏は、エンターテイメント企業としてのグッドラックスリーと、複数のブロックチェーンスタートアップを傘下に擁するセレスが協働することで、日本初のゲーム要素をもった Dapp の成功につなげたいと語った。

<関連記事>

くりぷ豚
Image credit: Good Luck 3

グッドラックスリーは2013年2月に福岡市内で設立、これまでに「さわって!ぐでたま」「エアリアルレジェンズ」などのモバイルゲームを開発しており、最近では、くりぷ豚のほかにブロックチェーン関連事業としてソーシャルプラットフォーム「LuckyMe」を開発している(今夏リリース予定)。

一般的にブロックチェーン上で決済を行うと非常に時間がかかってしまう中で、ブロックチェーンゲームにおける課金時のユーザ離脱防止を意図したプライベートブロックチェーン「LuckyMe Reward System」なども開発。今後 Dapp サードパーティデベロッパを巻き込んだエコシステム形成を目指す。

5月24日〜25日には、エストニア・タリンで開催されるスタートアップカンファレンス Latitude 59 に出展し、くりぷ豚や LuckyMe を世界的にプロモーションする計画だ。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------