ネスレ、フェデックス、ロレアルなど世界ブランドのCSR活動を効率化・見える化するブロックチェーンプラットフォーム 「Incitement」

by e27 e27 on 2018.4.11

Incitement_founders_Daniel_de-Gruijter_Zikry_Kholil
Incitement 共同設立者 Zikry Kholil 氏と Daniel de Gruijter 氏(右)

2011年11月11日、Daniel de Gruijter 氏と Zikry Kholil 氏によって考え出されたインスピレーショナルな講演シリーズ「Incitement」がクアラルンプールで初イベントを開催した。8人が集まってストーリーや考えをシェアし、互いに触発されたのだった。

このイベントは大きな反響を呼んだため、2人はそのコンテンツをネットに投稿し始めた。驚くべきことに、世界中の様々なところから問い合わせがあったのだ。de Gruijter 氏の記憶によると、最初に電話してきたのはカリフォルニア州ソノマバレーに住む Patricia さんで、自分のいる場所でも Incitement はこのイベントを開催してくれるのかという内容だった。

de Gruijter 氏は e27に対し当時の様子をこう語ってくれた。

正直な話、南アフリカ、クロアチア、そしてヨルダンからの連絡を受けるようになるまで、他の場所でイベントを開催するなど考えもしませんでした。私たちはここで何かすごいことをしているのだと感じ、構造化を開始し、このイベントで何がしたいかを考えるようになりました。

しかしそこには大きな課題があった。巷の市場には TEDx のような質の高い講演集がすでにあったのだ。もし Incitement がシリーズものに多くの人を集めたいのなら、そのコンテンツがユニークで、より質の高いものでなくてはならなかった。

彼は続けてこう述べている。

他より抜きん出なくてはいけないと感じました。懸命に仕事をしたおかげで、今では46ヶ国にて、何千人ものボランティア、数百もの社会イベントやプロジェクトのある自分たちのチャプターを手にすることができました。

CSR に進出

しかしながら、de Gruijter 氏と Kholil氏 はこれに飽き足らなかった。そして、モチベーションについての講演会シリーズを踏み台にして関連する分野に飛び込むことにした。それが企業の社会的責任(CSR)である。2014年、Incitement はソーシャルテックベンチャーに方向転換して、ブランド企業による大規模かつ複数の国にまたがる CSR プロジェクトの効率化支援をすることとなった。

de Gruijter 氏は次のように述べている。

慈善寄付金のうち95.4%が支援先に届いていないことをご存知ですか?2015年だけでも、約3,730億米ドルの寄付金のうち、目的の国々に届いたのは、わずか112億米ドルです。あと、59億米ドルは現地の NGO に向かいました。そしてなんと、3,559億米ドルは「管理費用」になったのです。95.4%もの資金が消えてしまうのは衝撃的です。毎年、この水準は変わりません。

彼はこう嘆いた。

この数字はとても容認できません。そして、人道支援分野では何かが機能していないことが証明されました。これは、優れた方法をすぐにでも見つけるべきという警告です。

彼の見解によると、これほど衝撃的な数字がもたらされた要因は、人道支援業界に存在する5つの問題であるという。それは、財務透明性、信頼性、インパクト把握と報告、インセンティブと ROI(投資収益率)、そしてガバナンスの欠如である。ブロックチェーンは、この目的を達成するための素晴らしいツールになり得るという。

ブロックチェーン、ケーキの上にある砂糖の衣

私たちの目標は、ソリューション、ビジネスモデル、プロジェクトを構築し、一般人、運動、ブランド企業、起業家が、社会的なインパクトを作ることで自分たちそしてブランドを成長させることです。ブランド企業が社会問題の解決を通して事業を成長させる手段を作り出しています。これこそ、私たちのブロックチェーン対応ソリューションが実行していることです。

Incitement.png

de Gruijter 氏によると Incitement は、以前から存在していて中央集権的なトップダウンのシステムに挑み、スマートな人道支援活動のまったく新しいエコシステムを導入している。それはインセンティブ、行動、ガバナンスに注力したものだ。同社は、持続可能な発展プログラム、技術、マーケティング、コミュニティイベント、最新のインパクト計測ツールを組み合わせ、事業目的と世界的な社会開発の目標を統合させることで、社会的インパクトの創出をブランド企業にとって魅力あるものにしている。

Inpactor のローンチ

de Gruijter 氏は次のように語る。

現在私たちは、人道支援分野を効率化するよう特別に設計されたオンラインプラットフォームを構築しています。2018年5月にローンチされる予定の Inpactor は、ブロックチェーン技術を基本として、人道支援分野にある5つの業界特有の問題に対処するようになるでしょう。

使用料のかからないエコシステム Inpactor は、2つの異なる CSR トークン、すなわち「CSRi」と「CSRm」により動作する。この2つのトークンは別々の目的があるとはいえ、5つの問題解決に向けてシナジーを発揮すると de Gruijter 氏は述べている。

CSRi:CSRi の価値はつねに変わらない。そのため、CSRi は Inpactor 内で独立して機能し、取引もなされない。この資金はインパクト創出を目的としているため、今日のトークン市場にみられる極端なボラティリティにさらされてはいけないものだ。

このトークンは、分散化台帳技術、プルーフオブインパクト(PoI)を活用した正確なレポーティング(これに従ってボランティアが運動のインパクトレポートに投票をする)、そしてプロジェクト実行を補完するスマートコントラクトを使った信頼性のある共同作業を活用して資金調達プロセスに財務の透明性をもたらすことができる。

CSRm:社会的インパクトを創出する1つのインセンティブとして、ブランド企業はプロジェクトに資金を投じるたびに CSRm を受け取る。CSRm のインセンティブは、Inpactor の広告プラットフォーム内で使用することができ、CSR 施策の RoI 計測ができるほか、他のトークンなどと同じように一般市場での取引が可能であり、プルーフオブステーク(Proof of Stake)を活用して確定利子を発生させる使い方もできる。

CSRm はさらに、分散型ガバナンスフレームワーク(Distributed Governance Framework)も導入している。このフレームワークは、トークン保有者に投票権を与える。つまり、このプラットフォームはどのように進化すべきか、どのプロジェクトが重視されるべきか、ブランド企業はどの社会問題を解決すべきかについての決定をコミュニティが行うということだ。

de Gruijter 氏によると、Inpactor プラットフォームは大手ブランド企業のトップによる支援を受けているという。その中には、Mark Rozario 氏(General Electric Malaysia の CEO)、Stephen Croncota 氏(Versace の CMO)、Thomas Marzano 氏(Philips の Global Branding ヘッド)、Peter Kolthof 氏(Shell の証券部門責任者)などがいる。彼らは、同プラットフォームのローンチ時に Incitement の取締役メンバーとなる。

de Gruijter 氏は収益モデルについて、他のあらゆるプラットフォームが調達総額に定額を課しているのに対して、Inpactor はかなり異質な方法を採用していると説明してくれた。

私たちがしているのは善意のビジネスですので、調達金から10%を徴収することを正当化するのは無理があります。それをしなければ、多くの人命が救えるわけですから。Inpactor の設計はソーシャルメディアのプラットフォームに似ているほか、Incitement はブランド企業、運動、ボランティアのデータベースとして成長しているため、Inpactor 内部に関心をベースとする広告プラットフォームを実装しているのです。ブロックチェーンを活用することにより、プライバシー問題を繊細に扱いつつ、倫理的な手段でこれが可能となるのです。また、Inpactor 上のブランド企業や運動はプレミアム機能を購入して、プラットフォームを最大限利用することができます。

Inpactor.png

Incitement は現在、イタリアに1ヶ所、クアラルンプールに2ヶ所の拠点を構え、広範囲に及ぶ様々なブランド企業と協業している。その中には、Pepsico、Nestlé、FedEx、L’Oreal、CIMB、SWIFT、マレーシア財務省などがある。

今年は、BP、Kuwait Finance House、KWAP、 Cummins などとのプロジェクトを控えています。私たちのミッションは、あらゆるブランド企業が社会的なミッションに基づく行動をしてもらうことです。それを実現するためには、この社会的なミッションが企業の最終利益に貢献するものでなければなりません。結局、大半の企業の中心にあるものとは、収益を生み出すことです。(de Gruijter 氏)

CSR とは寄付を超えた存在

Incitement は市場にいる他社とは異なり、ブランド企業に対して CSR 活動の見返りに意味のあるブランディングを獲得できるようにしている。それにより CSR は単なる寄付というよりは投資といった行動となる。これを実行するために砂時計的な手法が用いられる。それは複数層にわたるツールで、構成要素は、(1)ブランド企業の価値システムと整合性があるという理由で、組織において重要となる CSR の取り組みを発見・設計、(2)インパクトの適切な計測に向け、正しい社会的インパクトの計測の手法を特定し実行、(3)インパクトマーケティングを通してブランド企業がオーディエンスに語ることのできる社会的インパクトに関連するストーリーの作成をサポート、である。

de Gruijter 氏は次のように言葉を結んだ。

6年半に及ぶ実地での業界経験はさておき、私たちが CSR に注力するのは、これが人類と地球にとって、前向きな変化を推進できるただ一つの、最も強力な潜在性を秘めていると考えるからです。

【via e27】 @E27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------