人工知能で通信社を効率化するJX通信社、テレビ朝日とフジテレビから資金調達

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2018.4.12

jxexpress.png

報道界の仮想通信社を目指すJX通信社は4月12日、テレビ朝日ホールディングス、フジ・スタートアップ・ベンチャーズおよび既存株主を引受先とした第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金や出資比率、払込日などの詳細は非公開。同社はこれまでに共同通信グループ、日本経済新聞社グループのQUICKからも出資を受けており、報道機関からの出資はこれで4社目となる。

JX通信社は報道分野、特に従来通信社が担ってきた国内外の一次情報を伴う事件、災害、事故などのニュースをテクノロジーで効率化するサービスを提供している。

特にソーシャルネットワーク上で投稿された緊急情報を人工知能で自動収集し解析した上で報道機関に提供する「FASTALERT」は同社に出資する共同通信やテレビ朝日、フジテレビなどのほか、NHKや民法キー局、新聞社などが導入しているほか、これらのソースを独自のフィルタリングで速報として配信する「News Digest」も一般向けサービスとして提供している。

同社はこれまで人力が中心だった通信社のコスト構造を、独自の情報収拾技術を活用することで削減し、世論調査の自動化や記事の自動生成などの実用化も目指す。

via JX通信社

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------