LinkedIn共同創業者のEric Ly氏、ICO詐欺師を排除する評価プラットフォーム「ICOHub」を開始

by Stewart Rogers Stewart Rogers on 2018.4.22

Photo credit: <a href=
Photo credit: CA Dept of Insurance on Visual Hunt / CC BY-NC-ND

どうやらEric Ly氏が動き出したようだ。

LinkedInの共同創業者でありCTOだったLy氏は近頃、インターネット上で安全かつ取引履歴の評価に基づいた取引を可能にするサイトHub, Human Trust Protocolを立ち上げている。そして今日、HubはICO向けのPoC(プルーフオブコンセプト)を評価する「ICOHub」を公表した。

ICOHubは何をするものか?

投資家や興味ある人は、ICOを実施しているチームを検証することが可能で、これにより正当性があり、また品質を保ったプロジェクトを特定することができる。

ーーこれは重要なことだ。ブロックチェーン技術プロジェクトは間違いなくエキサイティングであり、すべての業界やビジネスにとって破壊的なインパクトを持つものだが、一方でICOやトークン発行は詐欺やバカな広告塔たちが渦巻いている状態になっている。

今月、暗号通貨の世界はベトナムでデモと抗議を呼び掛けた、総額6億5800万ドルもの詐欺事件に揺れることになった。

新しい事件が発生するたびにエコシステム全体に対する信頼が損なわれ、それをもってしてICOの多くがややこしいものであると言及するのは言い過ぎではある。しかしそれでも投資家や関係者たちはそれに頭を悩ませ、リスク軽減の方法を探しているのもまた事実なのだ。

詐欺を避けるためのガイドラインはいくつかあるものの、それでも多くの人が「抜け目」を見つけてすり抜けている。Ly氏はICOHubについてこう説明してくれた。

「ICOHubプロジェクトは、個人だけでなく案件そのもの評価もしようとしています。案件の評価は個人に基づくものかもしれませんが、資金調達やパートナーシップ、顧客など、企業が過去に行ったビジネス取引であっても信頼スコアに影響が出るようにしています。つまりICOHubは信頼スコアを決定するため、複数のデータソースから作り上げた「Web上での信頼度」を参照している、と言えるでしょう」。

これらのデータソースには、企業や組織だけでなく、個人に関する情報も含まれる。つまり、自分の素性を隠そうとしている悪人はより見つかりやすくなる、ということを意味する。

「もし、創業者が仮名で取り組んでいたような場合、ICOプロジェクトの信頼スコアの評価としては存在しないも同然となります」。

もちろんICO評価サイトはすでに存在する。しかし、ブロックチェーンの分散台帳技術によって提供される透明性とは異なり、これらサイトの多くはスコアリング方法論やデータの入手方法について曖昧な箇所が多い。

ICOHubプロジェクトは透明性とデータ・ドリブンを堅持することで、これらの問題に取り組むことを目指した。具体的にHubは、プロジェクトの信頼スコアを信頼できるソースからデータを引き出し、ICOチームに文書化やデジタル署名を通じてそれが事実であることの証明を求める、という方法で評価をしようとしている。

このシステムはまだ完璧ではないが、Ly氏はブロックチェーン・プロジェクトに関わる多くの人たちだけでなく、ICOのイベント評価を含めできるだけ多くの情報を投資家に提供したいと考えているのだ。

「ICOのエコシステムはまだ初期段階です。ICOHubは高品質のデータソースによってその真価を発揮するわけですが、これらの情報は往々にして自己評価しかありません。こういった自己主張はしばしば偽造され、信頼できる点は多くありません。しかし時間をかけてより客観的なデータソースを集めれば、市場取引所でのトークンのパフォーマンスなど、プロジェクトの評価に繋がる可能性が出てくるのです」。

Human Trust ProtocolであるHubの一部として、ICOHubはICOやトークン詐欺を発見する有益なツールとなる可能性が高い。今後はどのような計画があるのだろうか。

「私たちのビジョンは、数十億人というインターネットユーザーが、その評価をブロックチェーン上に移すことを目指しています。これによって信頼が必要なオンライン活動の全てにおいて、お互いがブロックチェーン上に信頼関係を構築できる世界が実現するのです。そしてHubの未来はTCP / IP同様、お互いがこういったことを知らずに人々に信頼される「トラスト・レイヤー」になることです。ICOHubに関しては、このプロトコルの価値を示す方法のひとつであり、まだ小さく成長中のコミュニティの中でトラクションを獲得してくれると考えています」。

ICOHubは無料で利用できる。Ly氏は最後にこう話してくれた。

「ユーザーは様々なICOプロジェクトの評価を確認できます。また、投票システムを通じてICOの評価に参加することも可能です。ICO市場に関する高い品質の評価データ・ソースを構築し、ICOの信頼性を高めることが重要なのです」。

【原文】

via VentureBeat@VentureBeat

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------