IoTホステル運営のand factoryが客室設置型タブレットサービス「tabii」を開発、宿泊施設を支えるプラットフォーム構築目指す

by THE BRIDGE編集部 THE BRIDGE編集部 on 2018.5.9

スクリーンショット 2018-05-08 22.37.48.png

IoTホステル「&AND HOSTEL」を運営するand factoryは5月9日、客室設置型タブレットサービス「tabii(タビー)」を開発したことを発表した。ホテル事業を運営するグリーンズの国内3施設の約250室にて実証実験中で、正式リリースに向けて情報分析を実施している。

「tabii」は客室設置型のタブレットサービス。ホテルの館内案内やグルメ、観光情報、音楽・お笑い、などの動画コンテンツをタブレット内から提供する。宿泊者からの問い合わせをQAチャットボットで対応することも可能で、客室価値の向上および施設側の業務効率化を狙いとしている。

マネタイズはタブレット内での広告運用で、宿泊施設側に月額利用費は発生しない。今後は実証実験の結果をもとに、同社が提供しているIoTの集中管理システム「&IoT」や宿泊管理システム「innto」との連携によるプラットフォーム構築を目指す。

Source:PRTIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------