ドッグシッターと飼い主をマッチングするアメリカのマーケットプレイスRover.com、ヨーロッパ初となるイギリスに上陸へ

by Paul Sawers Paul Sawers on 2018.5.11

dog

Image Credit: Paul Sawers / VentureBeat

犬を飼う人とドッグシッターをつなぎ、様々なケアサービスを提供するシアトル拠点のプラットフォーム Rover.com は、ヨーロッパに進出することを明かし、まずイギリスでサービスを開始すると発表した。サービス開始時期は7月になる見込みだ。

Rover は2011年に設立。ユーザは犬の飼い主もしくはドッグシッターとして登録し、長期間の預かりや散歩、ハウスシッター、短時間の訪問などのサービスを依頼・請負できる。

犬の所有は大きなビジネスを秘めている。犬をペットとして飼っている世帯はアメリカだけで全体の36%に上る。一方イギリスでは世帯全体の約30%が犬を所有しており、2世帯に1世帯が何かしらのペットを飼っているという。このような実入りの良い業界で活躍すべく、同社は Menlo Ventures、TCV、Madrona、Foundry Group などのベンチャーキャピタルからこれまで1億5,000万米ドル以上の資金を調達してきた。

しかしイギリスでは、Rover.com と類似したサービスが存在している。そのうちの1つである DogBuddy はすでにイギリスだけでなく、ヨーロッパ7ヶ国に進出を果たしている。現在運営している北米市場を越え、 DogBuddy のような競合他社に打ち勝つため Rover.com は昨夏6,500万米ドルの資金を確保した。

同社の CEO である Aaron Easterly 氏は、ヨーロッパ進出に関して以下のように述べている。

アメリカとカナダで100万人に及ぶドッグオーナーをサポートしてきた長年の経験をベースに、ヨーロッパの皆様が待ち望むサービスを提供できると Rover は確信しています。今こそ、弊社の活動範囲を広げる絶好の時なのです。

イギリス以外のヨーロッパ進出に関しては、まだ明らかにしていない。

アメリカ国内でも多数の競合他社が存在するが、Rover.com はペットシッター関連企業の中で最も認知度の高い企業の1つとして台頭している。昨年3月には、同じ業界の DogVacay と合併を果たした。DogVacay は潤沢な資金を持つ企業であり、5,000万米ドル近い資金を調達していた。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------