インドのオンライン決済大手Paytm、Alibaba Pictures(阿里巴巴影業)からオンラインチケットプラットフォームTicketNewを4,000万米ドルで買収

by e27 e27 on 2018.5.30

Bollywood
Bollywood via Flickr by Mr Bao

インドに拠点を置く m コマース・オンライン決済会社大手、Paytm が同国のオンラインチケットプラットフォーム TicketNew を4,000万米ドルで買収したと複数のメディアが報じた。

昨年6月、中国の e コマース最大手である Alibaba のエンターテインメント部門 Alibaba Pictures Group (阿里巴巴影業)が、TicketNew の株式の過半数を1,870万米ドルで取得していた

ソフトバンクや Alibaba(阿里巴巴) から支援を受けている Paytm は、この買収で BookMyShow など大手の競合他社(特に南インド)に対する競争力の強化を図っていくとしている。

Paytm の CFO である Madhur Deora 氏は、以下のように語っている。

TicketNew のリーダーシップの下で、弊社は3億人以上の顧客を(TicketNew と)提携する映画館とつなぐよう努めています。そして、映画館の稼働率や収益向上を支援するため、さらなる投資を行っていきます。

TicketNew は2007年、Ramkumar Nammalvar 氏、V Sasi Raman 氏、Ravishankar Ramanujalu 氏によって設立された。インドのオンラインチケット分野では BookMyShow に次ぐ2番目の規模を誇っており、現在300都市以上で活躍を見せている。同社は1つのスクリーンしかない小規模シアターや映画配給会社、制作プロダクション、イベントをユーザと統合させている。

TicketNew の主力商品は「Box Office」と呼ばれるもので、映画館運営の最適化をサポートするサービスだ。さらに、モバイルアプリやカスタマイズされたウェブソリューションも映画館に提供している。同社はチケットを予約したエンドユーザから手数料を受け取っており、映画館のオーナーからはソフトウェアのインストールやアプリ開発に対する手数料を取っている。手数料はいずれも低額だ。

香港とシンガポール証券取引所への上場を果たした Alibaba Pictures はこの数年間、国内市場を越えたビジネスを展開している。現在、ロサンゼルスにオフィスを構えており、今後アジア太平洋地域においても事業拡大を狙っていくという。

2016年7月、Alibaba Pictures はテレビ・映画制作チェーンの資産形成を目的に、3億米ドル規模の投資ファンドをローンチした

【via e27】 @E27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------