インド最大のECマーケットプレイスFlipkart、株式75%を米小売大手ウォルマートに150億米ドルで売却へ——Alphabetも出資参加か【報道】

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2018.5.5

Image credit: Flipkart

インド最大の E コマースマーケットプレイス Flipkart が、その株式の75%をウォルマート(NY証取:WMT)に150億米ドル(つまり時価総額200億米ドル)で売却する見込みであると、BloombergWall Street Journal などが報じている。

今回の取引には、Google の親会社である Alphabet も参加する模様。また、最大株主である SoftBank Vision Fund が Flipkart 全株式の20%を売却するとみられる(時価総額を考慮すれば、売却額は概ね40億米ドルとみられる。SoftBank Vision Fund は昨年8月に25億米ドルを出資し最大株主となっていた)。

2007年に設立された Flipkart は、2012年に Amazon がインドに進出して以降苦戦を強いられ、2016年にはマイノリティ投資家の Morgan Stanley に数度バリュエーションを切り下げられた。近接する競合で世界的な E コマース大手である Amazon でも払っていないような給料額が、Flipkart ではトップ従業員に不当に支払われているとの報道がなされ、Flipkart は業界関係者からの激しい応酬にさらされることとなった。

Flipkart はシェア拡大を狙って、これまでに複数の同業との合併を試みており、eBay India との買収には成功したものの、Snapdeal との買収は破断に終わった。ソフトバンクは Snapdeal にも出資していて、当初は Snapdeal を Flipkart に買収させ(統合させ)てから筆頭株主の座を獲得したかったようだが、買収の破断から競合する2社へ出資している状態という〝ねじれ現象〟が続いていた(ただし、Snapdeal への出資は SoftBank Vision Fund ではなく、ソフトバンクからの出資とみられる)。

ウォルマートは2016年、自社傘下だったネットスーパー Yihaodian(1号店)を JD.com(京東商城)に売却しており、中国市場からは事業を一部撤退しながら、インド市場には攻めの一手に出た形だ。Flipkart のウォルマートへの売却は、早ければ日本時間の来週中には完了する見込み。

<これまでの Flipkart の軌跡>

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------